iPadが10周年!今までの軌跡をまとめてみた

投稿日:

by メカ村

今やAppleの主力商品の1つであるiPad、実は現地時間の1月27日に発表から10年になる事をご存知でしたか?

スティーブ・ジョブズが最後にプレゼンテーションした商品の1つであるiPadの、ここ10年の出来事を振り返ってみたいと思います。

iPadの歩んだ10年間

現地時間2010年の1月27日、ヤーバブエナ芸術センターにてAppleの新製品発表会が催され、スティーブ・ジョブズによってiPadがプレゼンテーションされました。

発表当初こそ「でかいiPhone」だったiPadですが、この10年で大きな変貌を遂げてゆきます。

2010年

1月27日に発表され4月3日に発売(日本は5月28日)となった初代iPadは、まだ対応コンテンツが未成熟であった事もあって「でかいiPhone」といった印象でした。

今のiPadからは想像できないですが、このモデルにはカメラが搭載されておらず、側面のスライドスイッチはサイレントモードではなく画面回転ロックスイッチ(アップデートで選択式へ)だったのですが、発売初日で30万台が売れるほどの人気っぷりでした。

2011年

3月2日、癌治療中であったジョブズは自身の体調など御構い無しに、昨年と同様のヤーバブエナ芸術センターにてiPadの次世代モデルとなるiPad 2を発表しました。

初代に比べ軽量化と薄型化、大幅な性能のバージョンアップが実施されており、各種センサーとカメラを追加しFaceTimeにも対応、3月25日に日本でも発売予定だったのですが、東日本大震災を考慮し4月28日に発売が延期されました。

2012年

3月16日に発売開始となった次世代のiPadは「iPad 3」や「iPad HD」といった名称ではなく、「新しいiPad」という商品名でリリースされ、解像度を倍にしiPhoneと同じRetinaディスプレイを採用、HDビデオが撮影できるカメラを搭載しました。

しかし10月23日にはiPad(第4世代)とiPad miniが発表され、上記第3世代の「新しいiPad」という名称はちょっとした混乱を招くことになりました。

2013年

10月22日に大幅な薄型化と軽量化を施したiPad Airと、このiPad Airと同等の処理能力を有するiPad mini(第2世代・発表時はiPad mini Retinaディスプレイモデル)が発表されました。

両機ともiPad(第4世代)とほぼ同等の処理能力を有しており、この年からしばらくメインのiPadは更新されずにAirとminiがフラグシップとなり続けます。

2014年

10月16日にiPad Air(第2世代)とiPad mini(第3世代)がリリースされ、iPad(第5世代)が発売されるといった噂は本当に噂で終わってしまいました。

AirはRAMの容量が2倍になった他、Touch IDを搭載し画面表示の鮮やかさが格段に向上したのですが、miniの方は第2世代とさして変わらない仕様となっていました。

2015年

9月9日、大型化し格段に性能を上げた12.9インチのiPad ProとiPad mini 4がリリースされました。

Proは発売時点で過去12ヶ月間に発売されたほとんどのラップトップPCよりも高性能であると謳われており、Apple Pencilの登場もあってプロのデザイナーや漫画家が実用するレベルの商品に仕上がっていました。

2016年

3月21日に上記iPad Proのサイズダウンモデルである9.7インチiPad Proがリリースされました。

実はサイズダウンしながらも前年発売された12.9インチiPad Proよりも機能が向上しており、単純な小型化と性能向上を図れた次世代モデルとなりました。

2017年

3月21日、実に5年ぶりとなるiPadの次世代機iPad(第5世代)が発表されましたが、この時点でiPad Proがハイエンドモデルとして人気を集めており、どちらかと言えばこのiPadは廉価版的な位置付けで、Wi-Fiモデルは税別37,800円からとかなりお手頃価格となっていました。

6月5日には住み分けのためか9.7インチiPad Proが10.5インチに刷新され、第2世代となるiPad Pro12.9インチモデルとともにリリースされました。

2018年

3月27日、値段をそのままにApple Pencilに対応したiPad(第6世代)を発表し、教育機関向けの価格を歴代最安値に設定しました。

10月30日には10.5インチだったiPad Proを11インチモデルに刷新し、iPad Pro 12.9インチモデル(第3世代)とともに現行の最新iPad Proモデルの発表となりました。

2019年

3月18日、7年ぶりとなる10.5インチにサイズアップしたiPad Air(第3世代)と、4年ぶりとなるiPad mini(第5世代)が発売されました。

6月3日に行われたWWDCではiOSからiPadが分離し専用OSであるiPadOSが発表・更新され、9月10日には10.2インチにサイズアップしたiPad(第7世代)がリリースされました。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事