Rise of Kingdoms、東南アジアで流行した謎のゲームが日本市場を席巻

投稿日:

by Amamin

Rise of Kingdomsと言われても多くの方はピンとこないかもしれません。

東南アジアを中心にめちゃくちゃ流行ってたストラテジーゲームだったのですが、日本に入ってきた途端一気に流行り始めました。

ということで今回はスーパー楽しいRise of Kingdomsが流行った理由を解説しますよ!

Civilizationファンが歓喜するゲーム

Rise of Kingdomsは日本に入ってきたのはごく最近のことです。

元々は海外でPUBGm以上に大人気だったのですが、日本ではずっと公開されずにいました。

中々日本ではリリースせずにいたのですが、先日遂に公開。

菜々緒さんがクレオパトラに扮して告知をしたことで爆発的に勢いを伸ばしています。

海外でPUBGmを超えるほどに人気だったのもうなずけるほどに楽しむユーザーが続出。

それもそのハズ、Civilizationの要素がかなり強いからなんです。(世界的な名作の偉人ゲーです。)

Rise of Kingdomsは源義経、曹操、アレキサンダー、チンギス・カンと言った世界中の歴史的人物を使って行うストラテジーゲームです。

こりゃCivilizationファンの私から言わせると楽しくならない理由が無い!

当然ですが、ゲームの評価は前評判通りかなり良い感じ。

日本での公開はまだ始まったばかりです。

私も数日このゲームを試しているのですが、かなり楽しいです。

(読者の方の要望があれば特集記事を組みたいほど。)

歴史上の偉人が好きな人にかなりオススメ。まだプレイヤーは初心者ばかりなので今のうちに始めておくと有利ですよ!

Rise of Kingdoms

ストラテジーゲーム
iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事