iPhone12のスペック、発売日と価格まとめ

投稿日:

by Amamin

iPhone12に関する情報が日々リークされ、かなり概要がハッキリとしてきました。

そこで今回は「iPhone12はどの程度のスペックなのか?」「価格は?」「発売日は?」これらの質問に答えるべく、数々のリーク情報をひとまとめにしてみましたよ。

iPhone12シリーズの概要

4モデル説

iPhone11シリーズはiPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxの3モデルでした。

ところがiPhone12では廉価版モデル2つ、Proモデル2つの計4モデルになるとのこと。

以下が最新のリーク情報によるモデルごとの特徴です。

サイズ 個別仕様 共通仕様

5.4インチ

廉価版モデル

2眼カメラ

有機ELディスプレイ

TrueDepth

厚さ:7.4mm

ベゼル:2mm

6.1インチ

Proモデルと廉価版モデル

2眼カメラ

3眼カメラ

iPhone11と11Proの中間程度の大きさ

※未確認

6.7インチ

Proモデル

3眼カメラ

カメラのセンサーサイズもやや大きめ

4モデルとも有機ELを採用したことで共通のデザインとなっています。

iPhone12シリーズは4モデル薄型の共通デザインに、違いは背面カメラのみ

3モデル説

ディスプレイサイズとモデル数に変更があります。

従来のリーク情報 今回のリーク情報
5.4インチモデル 5.3インチモデル
6.1.インチモデル 5.9インチモデル

6.1.インチモデル(Pro)

なし?
6.7インチモデル(Pro) 6.7インチモデル(Pro)

5.4インチモデルが5.3インチに、6.1インチモデルが5.9インチになります。

カメラが変わる

まず3モデルのうち、3眼カメラはiPhone11Pro Maxのような最上位の6.7インチモデルのみ。

にわかに信じがたいのですが、3眼カメラが1種類だけになるということはProモデルを1種類のみにする可能性があります。

実際iPhone11シリーズでは圧倒的に売れているのがiPhone11なので、AppleはProモデルにはそこまでニーズがないと判断したのかもしれません。

iPhone12は若干小さくなる?5.9インチの新サイズになるとの情報

デザイン

現在リークされている情報では”ノッチ”はなくなるようですよ。そしてマナーボタンは向きが横から縦に変わります。

またiPhone4のようなメタルフレームを採用しているとのことです。

iPhone12はiPhone4のようなメタルフレーム採用、5Gでも価格据え置き

ただしiPhone12シリーズでも引き続きTrueDepthが採用されていることから、完全なノッチレスディスプレイになるかどうかは微妙な所でしょう。

と言うのも、ディスプレイ下にTrueDepthを入れると、現在の最新技術を活用しても若干の”モザイク”ができてしまうんです。

今のところ、ノッチレスディスプレイの情報が多いですが、技術的にそれが可能かというとまだ怪しいと言えます。

iPhone12はノッチ無し!? プロトタイプ画像をあの人がリーク

カラー

新色としてネイビーブルーシェードが登場する模様です。

iPhone 12ネイビーブルーシェードはiPhone 4を思わせるエッジフレームに収められており、かなり落ち着いたデザインにまとめられているのがわかりますね。

このカラーはiPhone 12 Proにのみ実装される予定のカラーのようで、今後はフラグシップモデルの最上位モデルに毎回限定カラーを1つ設けるのが定番になっていくのかも知れません。

ただし、この情報は彼以外から今のところリークされた形跡がないので、信ぴょう性は比較的低い情報だと判断されているようです。

ミッドナイトグリーンは終了?iPhone 12新色はネイビーブルーシェードか

サイズ

iPhone12シリーズは5.4インチ、6.1インチ、6.7インチが用意されている。

iPhone11シリーズと比べると、6.7インチモデル以外は若干小さくなっている模様です。また厚さはiPhone11の8.3mmから0.9mm薄くなり、7.4mmになるそうですよ。

iPhone11Pro
iPhone11
iPhone11Pro Max

5.8インチ

厚さ:8.1mm

6.1インチ

厚さ:8.3mm

6.5インチ

厚さ:8.1mm

iPhone12 mini?
iPhone12/iPhone12Pro
iPhone12Pro Max

5.4インチ

廉価版モデル

6.1インチ

廉価版モデル/Proモデル

6.7インチ

Proモデル

iPhone SEとiPhone8の中間程度の大きさ

厚さ:7.4mm

iPhone11と11Proの中間程度の大きさ

※ディスプレイが有機ELに変わったことで同じインチでもサイズは小さくなる

厚さ:7.4mm

iPhone11Pro Maxよりもやや大きくなる

厚さ:7.4mm

5G通信

2020年発売のiPhone12シリーズは5G通信になることがほぼ確定的です。

しかしながら5G通信には「Sub-6GHz」と「mmWave(ミリ派帯)」と呼ばれる方式があります。

特徴

  • Sub-6GHz:現在のLTEの拡張版のようなイメージ。広域でをカバーするがそこまでは速くない。
  • mmWave(ミリ派帯):爆速というほどに通信速度が速くなるがカバーできる地域が狭い。

このような差がある為、当初iPhone12シリーズはSub-6GHzのみに対応すると予想されていました。

ところが著名なアナリスト、ミンチー・クオ氏が「iPhone12の5Gの開発は順調である。「mmWave(ミリ派帯)」にも対応予定だ。」と述べたことから、5Gは両方式を採用すると見込まれています。

ただし、日本、アメリカ、カナダ、韓国、イギリスのiPhone12のみが5G通信に対応し、他の市場では5G通信非対応モデルを出すのではないか?と予想されています。

iPhone12の5GはSub-6GHzとmmWaveの両方をサポート、つまり次期iPhoneは爆速通信になる模様

A14チップの処理能力

A14チップは大幅にパワーアップし、処理能力はMacBook Pro15インチモデル級になると予想されています。

iPhone11シリーズのA13bionicではgeekbenchスコアは3463ですが、A14チップでは5000程度になるとのこと。

現在最高スペックのAndroid端末は3000未満ですし、ハイエンドのノートパソコン(例:MacBook Pro15インチ)でも5000程度です。

これだけスペックが上がる理由の一つはA14チップは5nmプロセスで製造されるからです。※これまでは7nmプロセスで製造されていたのでした。

一気に小さくすることが可能となった為、トランジスタ数がA13Bionicの100億個からA14チップでは150億個となるとされています。

それゆえそれだけ処理能力が向上することが期待できる訳です。

iPhone 12はA14Bionicプロセッサを採用、5nmプロセスを採用することで飛躍的に進化する

A14チップを搭載したiPhone12はMacBook Pro15インチと同等レベルの処理能力を持つように

カメラ機能

iPhone12のProモデルは3眼カメラでToFセンサーが搭載されている模様です。

以下の画像の左が赤外線、右がToFセンサーで写したものです。

これまでも赤外線を用いることで被写体の凹凸を判別することは可能でした。

ですが、距離感を正確に測れない為、どうしても写真の”ボケ”の境界線が曖昧でした。

ToFセンサーを使うことで、被写体の距離がハッキリと分かる様になるため、これまで以上に被写体の輪郭を的確に捉え、良い”ボケ”具合を実現できるようになる見込みです。

iPhone12の廉価版モデルはデュアルカメラである為、ToFセンサーは無いとされています。

ToFセンサーについてはこちら詳しく解説していますよ。

ToFセンサーって何?スマートフォンのカメラが大きく進歩する鍵になりそう

バッテリー

バッテリー容量はかなり減るかもしれません。

と言うのも、iPhone12シリーズは厚さが7.4mmとかなり薄くなる為です。バッテリー容量の大きかったiPhone11は厚さ8.4mmです。

このことから、iPhone12のバッテリー容量は大きくなる可能性はほぼありません。

しかしながらバッテリーの持続可能時間はA14チップの省エネ化によって、iPhone11と同程度になる可能性は十分にあります。

※その場合はA14チップの性能がある程度抑えられることになります。

ディスプレイ内蔵の指紋認証について

ディスプレイ上で指紋認証は2020年のiPhoneで搭載される説と2021年までずれ込むという説の2つに分かれています。

少なくともFaceIDを行う為のTrueDepthはiPhone12でも搭載されるとされている為、ディスプレイ内蔵の指紋認証は2021年までずれ込む可能性の方が高いと言えるでしょう。

諸説ありますが、有力なリーク情報を多数発信してきたミンチー・クオ氏やBen Geskin氏は2021年のiPhoneでディスプレイ内蔵指紋認証が実装されると述べています。

2021年、iPhoneはLightning用ポートが無くなる…ワイヤレス充電専用に

またこの件の特許は取得している為、Appleは開発自体は進めている模様です。

Appleが画面埋め込み型指紋認証の特許を取得 次期iPhoneへのTouch ID搭載が現実的に

価格

5G通信に対応することで、原価が跳ね上がるため値上がりすると予想されているiPhone12ですがお値段は据え置きとなるようです。

11Proと11Pro Maxはそれぞれ999ドル、1,099ドル、iPhone 11は699ドルとなっていることからiPhone12シリーズもほぼ同程度になると言えるでしょう。

Appleは値段を上げない為に開発コストの一部である非反復エンジニアリングの削減に取り組んでいます。非反復エンジニアリングとは研究、設計、開発、テストにかかる一度だけかかる費用のことで、これらの内製化に取り組んでいるとのこと。

それでも吸収しきれない5G対応の費用はAppleが吸収(負担)して、販売するようです。

iPhone12はiPhone4のようなメタルフレーム採用、5Gでも価格据え置き

発売日

これまでのiPhoneは9月19日から9月25日に販売されています。そしていずれも金曜日ばかり。

機種 発売日
iPhone6 2014/09/19
iPhone6Plus 2014/09/19
iPhone6s 2015/09/25
iPhone6sPlus 2015/09/25
iPhoneSE 2016/03/24
iPhone7 2016/09/25
iPhone7Plus 2016/09/25
iPhone8 2017/09/22
iPhone8Plus 2017/09/22
iPhoneX 2017/11/03
iPhoneXS 2018/09/21
iPhoneXS Max 2018/09/21
iPhoneXR 2018/10/26
iPhone11 2019/09/20
iPhone11Pro 2019/09/20
iPhone11Pro Max 2019/09/20

このことからiPhone12シリーズも9月下旬に発売される見込みです。

そうなると今年の新iPhoneの発売日は9月18日(金)か9月25日(金)となるでしょう。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone11シリーズをコスパでガチ検証しました。

iPhone11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事