2021年、iPhoneはLightning用ポートが無くなる…ワイヤレス充電専用に

投稿日:

by maruuo

著名なリーカーであるBen Geskin氏が2021年のiPhoneの予想画像を新たに公開しました。

なんとLightningを刺す穴(ポート)の無い初のiPhoneになるようですよ。

ポートが無い初のiPhoneになる

同氏によると2021年のiPhoneのモデルの1つはは6.7インチディスプレイであり、120HzのマイクロLEDになっているとのこと。

もちろんノッチはありません。

つまりiPad Proのように120Hzであることで、より一層ディスプレイ表示が滑らかになります。そしてマイクロLEDを用いることでさらに高画質となり、OLEDのように長時間の使用で画面が焼き付く心配がありません。

2021年のiPhoneはディスプレイ上で指紋認証(TouchID)が可能となっており、(Lightningを刺す)ポートは無くなるとのこと。

ディスプレイ上で指紋認証ができるようになれば、FaceIDは不要となり機能は削除される可能性があります。

また、Lightningのポートが無いということは、充電においてはワイヤレス充電しかできないようになることを意味しています。

もちろんパソコンや他のデバイスとの接続が必要になるケースは多々あるので、その場合はBluetooth接続になるのでしょう。

イヤホンジャックを無くした際には大きな批判を呼ぶ結果となってしまいましたが、今となってはほとんどのAndroid端末も追随しイヤホンジャック有りのものを探す方が難しい状態となっています。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事