Amazonが生体認証支払いシステムの提供開始を検討、QRコード決済もすぐに時代遅れに?

投稿日:

by しんや

写真:Engadget

近くのコンビニに出掛けた時、財布を忘れてしまった場合を想像してください。家へ取りに帰りますか?買い物をあきらめますか?

数年後にはそんなことで悩む必要がなくなるかもしれません。

Amazonが開発しているシステムでは、財布を探す代わりにあなたの手をかざすことで支払いは完了します。

あなたの手がクレジットカードの代わりに

Amazonはかねてより、生体認証を支払いメソッドの一つとして採用することに取り組んできました。

具体的には、「Orville」という名前の支払いシステムをテストしていると言われています。「Orville」では、顧客がAmazonのデータベースに自身の手(ハンドプリント)を登録します。

そして、実際の買い物時には、それに紐づけられたクレジットカードやその他の支払い情報を使い取り引きを行います。

つまり、指紋を含むあなたの手のサイズや形状など生態情報から支払いの認証を行うため、カードや現金なしで買い物ができるようになるのです。

生体認証システム「Orville」を外部にも提供

この「Orville」がAmazon以外でも使えるように同社は専用の認証端末を開発しており、アメリカの一部店舗で提供を開始する用意があると報じられました。

Amazonは来年初めまでに、この技術を一部の実店舗でテストしていく予定です。

また、このシステムを米国内のすべてのスーパーマーケットで利用できるように計画しているとのことです。

すでに、支払いシステム開発のためにVisaと協力していると言われており、今後はマスターカードとも協議を行っていくと考えられています。

もしも実現すれば既存のクレジットカードやQR決済の代替手段として広く普及する可能性があります。

プライバシーへの懸念は拭えず

ただし、人々の間にプライバシーへの懸念があることは事実です。

どこで買い物をしたか、何を頼んだか。そういった履歴が全てAmazonに収集され広告に利用される可能性や、単純に第三者があなたのデータを盗むリスクもあります。

また、現在Amazonはこの技術を改良し、提供開始までに現在の10万分の1の精度から100万分の1までにしたいと考えているようです。

しかし、当然システムにエラーはつきものです。不測の事態に対してどのように対応していくのかも不安が残ります。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Engadget

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事