国民生活センター、格安SIM(MVNO)に注意喚起「高齢者に丁寧な説明を」

投稿日:

by maruuo

国民生活センターは格安SIM(MVNO)の業者に対して「高齢者に丁寧な説明を」 と要望しました。

これは格安SIMの契約に関して毎年2000件以上相談があり、そのうち高齢者からの割合が年々増え今年度は35%を超える見込みであることが背景にあります。

無料通話を使うのに専用アプリが必要だったり、細かい相談を格安SIMの業者がサポートしない、と言ったクレームが多いとのこと。

国民生活センターは「契約者数が増えているので、消費者が安心して使用できるよう業界全体で苦情の減少に取り組んでほしい」と述べています。

しかしながら、格安SIM(MVNO)はキャリアと違って店舗を持たず、苦情に対するサポートを抑えることで月額を低くできている面があります。

格安SIM(MVNO)業者としては非常に頭の痛い問題となりそうですね…。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:nhk

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事