iPhone12は進化したFace IDに、ToFセンサー採用か

更新日:

by しんや

Barclaysのアナリストは、Appleが今年の秋に発売するiPhone 12にはアップグレードされたFace IDセンサーが含まれると予測しました。

具体的にはToFセンサー搭載の可能性が示唆されています。

iPhone12はToFセンサーのFace IDを搭載で精度アップへ

CNBCが入手したBarclaysのメモによれば、iPhone 12からは新しく刷新されたFace IDの機能が含まれるようです。

正確にどのようなものになるかは不明ですが、AppleがFace IDに使用されるTrueDepthカメラシステムそのものを、パフォーマンスの向上ためにアップグレードすると推測されています。

具体的には、光を使って被写体の三次元情報を取得するToFセンサーの追加などが挙げられています。

これまでも断続的にFace IDのパフォーマンスは改善されましたが、これは主にハードウェアの改善ではなく、ソフトウェアのアップデートによるものでした。

つまり、iPhone11でもFace IDは確かに改善されましたが、それはiOSの性能が上がったからであり、iPhone XSでも同じような恩恵がありました。

今回、ToFセンサーを組み込むことにより、より忠実度の高い3D写真キャプチャが可能になり、セキュリティや認証速度の面で大きな改善が見込めると考えられます。

ToFセンサーは背面にも

もちろん、ToFセンサーはフロントカメラだけの特権ではなく、背面のメインカメラにも組み込まれると考えられています。

そうすることで、被写体の距離を正確に認識できるようになり、様々な新しい機能が実現すると期待されています。

例えば、被写体についての3次元の配置が認識できるようになるため、写真の「ボケ」や適切な加工が可能になるでしょう。

他にも、手元の被写体をAR空間で利用可能なオブジェクトへ変換することも容易になるかもしれません。

ライトニングの廃止も示唆

また、Barclaysのメモでは、Ming-Chi Kuo氏が以前に指摘していたようなライトニングの廃止も挙げられています。

これにより、完全にポートレスな(充電ソケットもイヤホンジャックもない)初めてのiPhoneになるかもしれません。

ワイヤレス充電とワイヤレスイヤホン、そしてAirDropに頼ることになるかもしれません。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone12の最新の情報はコチラで詳しくまとめています。

iPhone12のスペック、発売日と価格まとめ

参考:CNBC

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事