iPhone12は最もサイズの小さい5.4インチモデルが廉価版に

更新日:

by maruuo

UBSのアナリストによると、2020年秋に発売予定のiPhone12は同時に4モデルがリリースされ違いはメモリとカメラの違いということになりそうです。

  • iPhone6.7インチモデル: 3Dセンシングと6GBのRAMを備えたトリプルレンズ背面カメラ
  • iPhone6.1インチモデル: 3Dセンシングと6GBのRAMを備えたトリプルレンズ背面カメラ
  • iPhone6.1インチモデル: デュアルレンズリアカメラと4 GBのRAM
  • iPhone5.4インチモデル: デュアルレンズリアカメラと4 GBのRAM

全てのiPhone12がOLEDディスプレイであり、同じAシリーズのチップを内蔵しています。

今回のリーク情報で分かったことはProモデルが2種類、そして廉価版モデル(iPhone12、iPhone12 mini?)が2種類になりそうだと言うことです。

これまで廉価版モデルであったiPhone XRやiPhone11は同時期に1種類しか販売されませんでした。

わざわざProモデルが欲しい訳ではないユーザーにとっては、廉価版モデルがもう1種類発売されるという事実はかなり嬉しいニュースだと言えるでしょう。

「iPhoneは小さい方が良い」というニーズは非常に大きいですからね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone11シリーズをコスパでガチ検証しました。

iPhone11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

iPhone12の最新の情報はコチラで詳しくまとめています。

iPhone12のスペック、発売日と価格まとめ

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事