iPhone12の5GはSub-6GHzとmmWaveの両方をサポート、つまり次期iPhoneは爆速通信になる模様

更新日:

by maruuo

これまで2020年秋に発売予定のiPhone12の5GはSub-6GHzのみをサポートすると言われてきました。

Sub-6GHzとは従来のLTEの拡張したような形であって、”爆速”というほど速くはありません。

Intelのモデム事業買収による開発の都合で、これまで2021年に発売されるiPhone13(?)でやっと「mmWave(ミリ派帯)」と呼ばれる、高速で大容量通信の5Gに対応すると予想されてきました。

ところがこの予想に対して、ミンチー・クオ氏は「Sub-6GHzとmmWaveの両方に対応する5GのiPhoneの開発は予定通り進んでいる」と述べています。

また5G対応iPhoneは日本、アメリカ、カナダ、韓国、イギリスと言った5つの市場で発売され、5Gの整備が進んでいない国では5G機能の無いiPhoneが発売されるとのことです。

開発のロードマップは予想通り順調に進んでいるため、iPhone12は従来通り9月に発売されるとのこと。

次のiPhone12は同時に4台が発売されるようですよ。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone12の最新の情報はコチラで詳しくまとめています。

iPhone12のスペック、発売日と価格まとめ

参考:macrumors

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事