iPhoneからイヤホンジャックを無くした結果、AirPodsの売り上げがSpotifyと同等のメガ企業級に成長

投稿日:

by maruuo

AirPodsの売り上げが止まりません。

120億ドルの売り上げ、前年比125%の成長、そして粗利は30-50%もあります。

この規模はもはやSpotify、Twitter、Snap並となっています。

この成長が続けば来年にはUberやNetflixを超える可能性すらあります。

実はAirPodsはiPhoneの売り上げのわずか4.5%しかないんです。逆を言えば、20台に1台かAirPodsが使われてないことになります。

つまり伸びしろが非常に大きいと言えるでしょう。

今思えば、iPhone7でイヤホンジャックが無くなったことの伏線として当時開発中のAirPodsの存在があったんじゃないかとすら思えてきますよね。

2020年のiPhone12ProではAirPods同梱モデルが発売されるという噂もあります。

そうなるとますますAirPodsの存在感が増しそうです。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:kevinrooke.com

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事