2021年に発売されるiPhoneの5G通信は2020年のiPhoneよりもさらに高速に

投稿日:

by しんや

本日StreetInsiderのアナリストが、2020年に発売するiPhoneは5Gの機能を限定的にしかサポートしないため、2021年以降に発売されるiPhoneの方がより高速に通信ができる可能性を報告しました。

つまり、今年の秋に発売されるiPhoneは完全な5G対応とは言えないかもしれません。

2020年iPhoneに搭載される5Gは「sub-6GHz」のみ

StreetInsiderのレポートによると、Appleは2020年には「sub-6GHz」に互換性はあるが「mmWave」には対応していないiPhoneのみを発売すると主張しています。

これは噛み砕くと、2020年に発売するiPhoneでは5Gの機能を限定的にしか使えないため、私たちが期待するような「高速で大容量の通信」が実現できない可能性があるのです。

では、もう少し理解を深めるために「sub-6GHz」と「mmWave」について少しだけ掘り下げてみましょう。

「sub-6GHz」と「mmWave」ってナニ?

sub-6GHz(サブ6GHz)は、従来のLTE回線が拡張されたようなイメージを持っていただければ大丈夫です。

つまり、従来の3Gや4G(LTE)で使われてきた資産を流用できるなどのメリットがあるため、広い地域をカバーし安定した通信が期待できます。

ただし、すでに多くの場面で利用が進んでいるため、まとまって広い周波数帯域を確保できず、「爆速で通信」というわけにはいきません。

一方で、mmWave(ミリ波帯)というのは、これまであまり活用がされていない周波数帯域を使うため、高速で大容量の通信が期待できます。

まさに私たちが期待する5Gのイメージに近いのはこちらかもしれません。

しかし、デメリットもあり、大気中での減衰が大きいため通信のレンジが限られるなど「mmWave」単体で運用するには問題があるようです。

そして、2020年に発売されるiPhoneはこの「mmWave」非対応になると指摘しているのが今回のStreetInsiderのレポートです。

もちろん、大容量で高速な通信を実現する要でもある「mmWave」に対応しなければ、一般の人が5G通信に期待するほどの速度は実現できないのではという懸念が当然出てくるわけです。

そのため、2021年に発売されるiPhoneの方が、たとえ2020年のiPhoneが5Gに対応したとしても、さらに高速になるかもしれません。

まとめ

より高速な「mmWave」に対応したiPhoneは2021年にまで発売されないかもしれないという悲しい噂が出てきましたが、皆さんはどうお考えですか。

とりあえず5Gに対応した今年のiPhoneを買うのか、せっかくならもう一年待つのか。

いずれにせよ、その辺りの仕様が気になる方は、いざ2020年のiPhoneが発売される時も、5Gに対応という言葉を鵜呑みにせず、細部まで忘れずにチェックしてみてはいかがでしょうか。


関連記事