マリオカートツアーが任天堂の収益の柱に、リリース後98日で81億円を稼ぎ出す

投稿日:

by maruuo

任天堂がスマホゲームの分野で順調に売り上げを伸ばしています。

マリオカートツアーはリリースしてからわずか98日間で81億円も売り上げてしまったんです。

今回はすこぶる好調な任天堂のゲームアプリに関するデータを紹介しますよ。

リリース後98日間のダウンロード数を比較

マリオカートツアーはリリース後98日間で1億4230万ダウンロードされました。そのうちの5940万ダウンロードはApp Storeでダウンロードされたものです。

この数字は同期間の間のApp Storeゲームアプリの総ダウンロード数の41.8%を占めるほどでした。

ちなみにスーパーマリオランはリリース後98日間で4420万ダウンロードされ、そのうち4000万ダウンロードはApp Storeでダウンロードされました。

リリース後98日間の売り上げを比較

マリオカートツアーはリリース後98日間でApp StoreとGoogle Playで7510万ドル(約81億円)もの売り上げを計上しています。

同アプリは月額550円のゴールドパス等のサブスクリプションと一部ゲーム内での課金で収益をあげています。

81億円という数字はファイアーエンブレムヒーローズに次いで2番目となります。ファイアーエンブレムヒーローズは同期間でマリオカートツアーの10分の1以下のダウンロード数にも関わらず、収益額は1億2360万ドル(約133億円)と圧倒的な売り上げを叩きだしています。

スーパーマリオランで始まった任天堂のスマホアプリですが、当初はうまく収益化できず累計2億ダウンロードされた段階に至っても「満足できる数字に至っていない」と任天堂は決算発表の場で述べるほどでした。

これにより1回限りの買い切りの形をとっていた為、スーパーマリオランの収益化に失敗したと任天堂は判断したようです。

任天堂はApple Musicのようなサブスクリプション型に方向転換し、マリオカートツアーの成功に結び付くことができたという訳ですね。

関連記事

2018年、任天堂はスマホアプリで372億円を稼いだ※ポケモンGO抜きで

スマホ市場の総利益66%をApple一社が占めている、iPhone恐るべし

スマホ利用率:Androidは57.2%、iOSは42.8%に iPhoneユーザーの割合は3.9%減少

参考:cultofmac.com

関連記事