【音楽市場】10年でストリーミングが全体の80%に成長、ダウンロードは9%に

投稿日:

by maruuo

RIAA(アメリカのレコード協会)が2010年から2019年の間にストリーミングサービスやCD、ダウンロード販売の割合がどれだけ変わったのかツイートで紹介しています。

この10年で音楽の市場シェアは大きく変わりました。

2010年 2019年
CD 52% 9%
ダウンロード 38% 9%
ストリーミング 7% 80%

Apple MusicやSpotifyのようなストリーミングサービスがこの10年で大きな成長を遂げ市場シェア80%に、その一方でダウンロード販売やCD等の物理メディアの市場シェアは9%まで縮小しました。

ダウンロードがCDと9%と同程度まで減っているのは少し意外ですよね。

これはスマートフォンの登場でCDを聴く機会が減り、通信環境が年々良くなったことで音楽のダウンロードよりもストリーミングサービスを活用する方がより便利になったことが大きな要因でしょう。

ちなみにレコードの市場だけは2009年の5000万ドルから2018年の4億5000万ドルまで成長を遂げており、アナログへの回帰が新しいムーブメントとして起きているようです。

「音楽を聴く」ことを絵画をみるような「アート」として捉える層が増えているのかもしれませんね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事