使いにくい?Appleがサイドディスプレイに関する特許取得

投稿日:

by メカ村

すでに様々な憶測やリーク情報がネットに出ている新iPhone、毎年の事ではあるのですがいち早く新しいiPhoneの情報を知りたいという人は世界中にもかなりおり、関連会社に努める従業員が情報を漏らすこともしばしばありますね。

そんな新iPhoneに関連しそうな情報として、今回Appleが新たに取得したサイドディスプレイの特許が注目を集めています。

現行モデルじゃ搭載不可能な特許

Appleは昨年12月31日、新たなiPhoneに関する特許として「サイドタッチディスプレイ」の特許を取得しました。

これは読んでそのまま、iPhoneのフレーム部分にタッチ操作可能なサブディスプレイを搭載する特許なのですが、iPhone 4〜5s時代には搭載される噂があったものの、最近は全然目にしなくなった情報です。

その原因はiPhone 6から採用したラウンドフレームで、丸みを帯びたサイドフレームにタッチディスプレイを搭載する事が難しく、またユーザーもこの形状のフレームにサイドディスプレイが搭載される状態を想像しにくくなった事が要因でしょう。

しかし、最近の情報で2020年に発表されるiPhoneはラウンドフレームからiPhone 4〜5sの頃のエッジフレームに戻るとの情報があり、かつこのタイミングでサイドディスプレイに関する特許が取得され、「次期iPhoneに搭載されるのでは?」と注目され始めたワケです。

この特許では音量ボタン側のフレームに細長いサイドディスプレイを搭載する様子が図解されており、このディスプレイにアプリへのショートカットアイコンや機能の切り替えボタンなどが表示されています。

常時有効だとiPhoneを持つだけで反応しかねず使いにくそうですから、例えばiPhoneをロックしている時のみ有効とか、特定のアプリを使用している時のみ有効とか、ユーザー側でON/OFFできるような仕組みなら重宝しそうですね。

音楽再生時にリストをスクロール表示にする機能も考えられているようで、iPhoneで音楽を聴いている人にとってはかなり使い勝手の良さそうなサブディスプレイになりそうです。

この特許がいつ搭載されるのか、あるいは本当に開発が進められているのかは定かではありませんが、色々なタイミングなどから考えてもフレームがラウンドからエッジに変更されるのはかなり有力な情報だと考えられますね。

まとめ

正直iPhone 4〜5s時代の横幅ならサイドディスプレイも有用そうなのですが、かなり巨大化&重量化した現在のiPhoneだと、サイドディスプレイを操作しようとして落としてしまわないか不安になります。

とはいえ操作の汎用性はかなり広がりそう(横持ちゲームアプリのLRボタンとか)ですし、通知などを画面表示からサイド表示にすればバッテリーの持ちも向上しそうなので、ぜひAppleにはサイドディスプレイを採用したiPhoneをデザインしてみてほしいですね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事