FacebookとGoogleの広告売り上げは日本で計上へ、法人税の納付額に直結

投稿日:

by maruuo

FacebookとGoogleの広告売り上げは法人税の低いアイルランドやシンガポールで計上されてきました。

これにより日本での法人税の納付額は非常に低く、度々批判を受けてきました。

日本だけではなく、同様の問題を受けた各国が課税ルールの変更を進めてきたことが功を奏したのか、先日同じようなスキームで法人税を抑えてきたAmazonが過去2期分の法人税300億円を日本で納付すると発表。

これを受けてFacebookとGoogleは会計処理を改め、日本での広告の売り上げは日本法人で計上するとのことです。

売り上げの計上は法人税の低い国で行われてきた

これら巨大IT企業は日本法人を「営業チーム」として扱ってきました。

つまり日本法人がいくら「広告の売上げ」を伸ばしても、その売り上げは法人税の低いアイルランドやシンガポールで計上し、日本では「日本でかかった経費」×「数%」だけが営業報酬として日本法人の「売り上げ」として計上してきたのです。

今後はこの方式を改め、広告の売り上げは日本でそのまま会計処理を行うとのことです。

少なく見積もっても数百億円以上の税収向上に繋がることは間違いありません。


関連記事