PayPay入門、登録からチャージとこんな人にオススメな必見情報【初心者向け】

投稿日:

by marilyntsuda

2018年12月に『100億円キャッシュバックキャンペーン』を打ち出し、コード決済の注目度を上げたPayPay。2019年11月には利用者数2000万人突破、加盟店170万店突破と、国内におけるコード決済ではNo,1の地位に上りつめました。

コンビニやドラッグストアなどチェーン店はもちろんのこと、個人商店など「こんなところでも?!」という場所で利用できるのがPayPay利用者が急激に増えた一因でもあるのでしょう。

この記事ではPayPay利用にオススメしたい方と、登録から使い方までをご紹介したいと思います。

PayPayの特徴とこんな人にオススメ

ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁により2018年6月からサービス開始したPayPayですが、やはりソフトバンク・Y!Mobileユーザーにはオススメのコード決済サービスになります。

ソフトバンク・Y!Mobileで契約回線があればYahoo!プレミアム(月額462円(税抜))が無料で利用できます。(※条件付き、ソフトバンクはスマートログイン設定、Y!Mobileは対象料金プラン加入者)PayPayのキャンペーン特典としてYahoo!プレミアム会員とソフトバンク・Y!Mobileユーザーの両方が適用されるのでお得ですね。

PayPayの特徴としては

・全国170万店舗以上(※2019年11月時点)で利用可能店舗数はコード決済№1

・継続的なキャンペーンを実施

・決済直後にキャッシュバックが金額で表示されるのでわかりやすい

誰でも利用できるサービスですが、特にソフトバンク・Y!Mobileユーザーにはお得なコード決済と言えます。

PayPayの登録

PayPayの利用にはまずアプリのダウンロードが必要です。

PayPayのダウンロードはこちら

アプリを起動して登録に進みます。

Yahoo! JAPANのアカウントがある方は2番から、ソフトバンク・Y!Mobileを利用中の方は3番から、それ以外の方は1番から携帯電話番号と任意のパスワードを設定します。いずれの方法もSMSによる認証コードが送られてきますので、そちらを入力したら登録完了です。

PayPayの本人確認

PayPayには一度チャージした残高や送金で受け取った残高を出金(現金化)することができます。出金できるのは“PayPayマネー”にある残高です。この機能を利用するには本人確認が必要です。

本人確認の方法は、銀行口座の認証もしくは顔認証と身分証による“かんたん確認”の2つがあります。

銀行口座による認証であればその場で確認が取れれば完了、顔認証と身分証による“かんたん確認”は申請手続き後に5日前後で完了します。

PayPayアプリ下部の「アカウント」→「アカウント情報」の中に「本人確認」の項目がありますので、そちらが「完了」となっていれば本人確認済みです。

ちなみに複数アカウントでの本人確認はできません。例えば複数の端末を所持している場合は、同じアカウントで利用するか(同時ログインは可)、1つは本人確認アカウントとしてその他は本人確認なしで利用するかです。

PayPayにチャージする

PayPayへのチャージ方法は5つあります。

①銀行口座からチャージ

現在(2020年1月)65の金融機関から口座の登録が可能です。登録したい銀行を選択して進みます。

支店名・口座番号・口座名義・生年月日を入力したら「登録手続きをする」をタップします。銀行のウェブサイトに移行しますので口座振替の手続きをします。

登録が完了すればチャージ可能です。必要があればこのまま本人確認も済ませておくといいでしょう。

チャージするにはバーコードや残高が表示されるカードの下部「チャージ」をタップ。

金額を指定したら「チャージ」をタップします。100円以上から1円単位でチャージ可能、過去24時間で50万円、過去30日間で200万円までが上限となっています。

②クレジットカードでチャージ

PayPay残高にチャージできるクレジットカードは、本人認証サービス(3Dセキュア)が登録されたヤフーカードのみとなっています。

「カード追加」から手持ちのヤフーカードを登録して完了です。

「チャージ」から登録したヤフーカードを選択して金額を入力。100円以上1円単位でチャージ可能、本人確認済みであれば過去24時間&過去30日間で25万円までが上限となっています。

ちなみにヤフーカードによるチャージは“PayPayマネーライト”に分類され、出金ができないようになっています。(※クレジットカード利用額の現金化対策)

その他のクレジットカード

PayPayではヤフーカード以外のクレジットカードを登録して利用することもできますが、メリットデメリットがあります。

・メリット→通常のカード決済と同じなのでチャージの手間が省ける。

・デメリット→PayPayボーナスの1.5%還元がなくなる。

ヤフーカード以外を登録する際は、以上を考慮して利用してください。

③セブン銀行ATMからチャージ

セブン銀行ATMから現金でのチャージが可能です。

①PayPayアプリから「チャージ」→チャージ方法の「セブン銀行ATM」をタップ

②セブン銀行ATMの画面で「スマートフォンでの取引」を選択

③ATM画面に表示されたQRコードを、スマホで読み取り

④スマホ画面に「企業番号」が表示されるので、ATM画面に入力する

⑤その後、現金(LINE Payカードを利用する場合は現金の前にカード挿入)を入金してチャージ完了。1000円以上1000円単位でチャージ可能、過去24時間で50万円、過去30日間で200万円までが上限となっています。

④ソフトバンク・Y!Mobileまとめて支払いでチャージ

ソフトバンクとY!Mobileユーザーは、携帯電話利用料金と合算した“まとめて支払い”でチャージすることもできます。

使用者の年齢によって上限額が異なり、満12歳未満は2,000円/月・満20歳未満は20,000円/月・満20歳以上は100,000円/月となっています。

Y!Mobileユーザーは事前に利用設定が必要なのでこちらから確認してください。

⑤ヤフオク!・PayPayフリマの売上金からチャージ

ヤフオク!とPayPayフリマを利用している場合、売上金からチャージすることも可能です。

PayPayアプリの「チャージ」からチャージ方法で「ヤフオク!」をタップすると、ヤフオク!の売上金からチャージする画面へと移行します。PayPayフリマの売上金をチャージしたい場合は、PayPayフリマのアプリ下部「マイページ」→「売上金をチャージ」から行います。

チャージは100円以上から1円単位、過去24時間で50万円、過去30日間で200万円(ヤフオク!とPayPayフリマ合算)までが上限となっています。

PayPayのお得なキャンペーン

PayPayのお得なキャンペーンは、PayPayアプリ内の「おトク」にあります。Yahoo!プレミアム会員、ソフトバンク・Y!Mobileユーザー・ヤフーカードの利用などステイタスによってお得額(キャッシュバック率)が変わります。

また、PayPayではサービス開始から継続したキャンペーンも定評となっており、“いつもどこかでワクワクペイ”など毎月複数のキャンペーンが実施されています。

2020年1月現在、対象店舗で最大1,000円相当が当たる“まちかどペイペイ”は、1月31日終了予定を延長して3月31日まで開催。決済後の画面で「おめでとう!」と当選の知らせが出るのもうれしい演出ですね。

まとめ

PayPayは利用額に応じたランクなどはありませんが、Yahoo!プレミアム会員・ソフトバンク・Y!Mobileユーザー・ヤフーカードの利用者であれば、キャッシュバック率がさらに加算されたり当選確率が高くなるなど優遇されます。

該当者であればオススメのコード決済サービスですよ。

筆者はソフトバンクを利用していますので、PayPayをよく利用します。特に気に入ってるのは、決済後に利用額と同時にキャッシュバック率ではなく金額が表示されるのもわかりやすくてありがたい!(計算が苦手なのですw)

“100億円あげちゃうキャンペーン”“PayPayチャンス”など、やっぱり当たるとうれしいです。獲得したPayPayボーナスは翌月の指定日(10日前後)にまとめて追加されますので、なんとなくお小遣いが増えたような気分になります。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:PayPay via PayPay

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事