iPhoneのSiriが人命救助!車ごと氷点下の川に沈んだ男性を助ける

投稿日:

by メカ村

Apple製品が人命救助に役立った例は過去に何度もあり、最近はそのほとんどがApple Watchによるものですが、以前はiPhoneがユーザーを凶弾から守ったりといったニュースがありましたね。

今回もApple製品が人命救助したお話なんですが、今回ユーザーの命を救った製品はなんと(iPhoneに搭載された)Siriだったと話題になっています。

「Hey Siri, call 911(通報して)」でSiriが自動通報

アメリカのアイオワ州北部で先日、氷点下の川に車ごと男性が沈むという大変危険な事件が発生しました。

この車に乗っていた18歳のガエル・サルセドさんは、車でコミュニティカレッジに向かっている最中に凍結した路面によってハンドル操作を奪われ、そのまま横を流れていたウィネベーゴ川に転落したそうです。

ほとんど一瞬の出来事だったそうでサルセドさんはすぐに状況を飲み込めなかったそうですが、窓の向こうが川になっている事に気付き「自分はこのまま死ぬかも知れない」と直感したそうです。

すぐにiPhoneで誰かに助けを呼ぼうとしますが、車が川に転落した際の挙動のせいか手元にあったはずのiPhoneが見つけられず、サルセドさんは絶望しかけました。

しかし彼は諦めず、iPhoneが車内どどこかに転がっていると信じて、「Hey Siri, call 911(通報して)」と大きな声で呼びかけてみる事に。

するとiPhoneのSiriがコレに反応し自動通報を開始、これを受信した消防局は一緒に配信された位置情報とともに通報者が川で何らかのトラブルに巻き込まれていると判断し現場に急行、サルセドさんは一命を取り留める事ができました。

サルセドさんは迅速に救助されたものの、氷点下の水にさらされた事で救出時点で手が動かず足には感覚がなくなっていたそうで、仮にSiriが呼びかけに反応していなかったら凍死していた可能性も十分にあり得たでしょう。

iPhoneのSiriが有効になっており、かつ「Hey Siriを聞き取る」「ロック中にSiriを許可」の両方がONになっていた事で迅速な救助要請ができましたが、いずれか1つでもOFFになっていたらと思うとゾッとしますね。

まとめ

特にセキュリティの問題から、「ロック中にSiriを許可」をOFFにするのはiPhoneの初期設定みたいな感覚ですから、彼のiPhoneの設定がすべてONになっていたのは奇跡的と言えますね。

こうしたイレギュラーな事件事故に巻き込まれる可能性は低いですが、万が一の事を考えて「Hey Siriを聞き取る」「ロック中にSiriを許可」の両方をONにしておくのはアリなのかも知れません。

参考:iDROPNEWS

関連記事