LINE Pay入門!登録からチャージ、クーポン情報までを完全網羅【初心者向け】

投稿日:

by marilyntsuda

多くのスマホユーザーが利用するLINEが展開する決済サービスのLINE Pay。

利用可能店舗数が多く、LINEの友だちと送金や割り勘などもできますので、使い慣れたLINEで諸々完結するのは魅力ですね。

この記事では、初心者の方の為に分かりやすくLINE Payの登録から使い方までをご紹介していきます。

LINE Payの特徴とこんな人にオススメ

日本でも昨年末頃から認知され始めたコード決済サービスですが、LINE Payは2014年に登場しました。

LINEユーザーであれば誰でも利用できることや利用店舗数の多さから、利用したことのあるコード決済サービスとしては2位(35.3%)にランクイン!(MMD研究所調べ

LINE Payの特徴は以下の通りです。

  • 別アプリをインストールする必要がなく、普段使っているLINE内で登録&利用できる
  • LINEの友達に手軽に送金できる。
  • 送金されたりチャージし過ぎた際には出金ができる

普段からLINEのサービス(有料スタンプ、LINE music、LINEデリマなど)を利用する方は、LINEポイントも貯まる&利用できますよ。

利用額に応じて“マイカラー”と呼ばれるランクが決まり、そのランクによって還元率が変わりますので、使えば使うほどお得になっていく仕組みになっています。

コード決済サービスとしては、利用店舗の多さや誰でも始められる点からもオススメと言えます。

LINE Payの登録

LINE Payは独立したアプリもありますが、LINEのアプリ内からも登録が可能です。LINEアカウントでメールアドレスを登録している必要がありますので、事前に登録しておきましょう。

※LINEアカウントのメールアドレスは設定→メールアドレスで確認することができます。

ではLINE Payの登録方法の解説を始めます。

まずはLINEを起動して下部右の「ウォレット」を開きます。

「LINE Payをはじめる」をタップ。

「すべてに同意」をタップして「新規登録」をタップして進めば…

これで登録は完了です。

パスワードの設定を促されますので、ここでパスワードを設定しておきましょう。故障時や機種変更の際、LINE Pay利用時などに必要です。

LINE Payの本人確認とは?

※アカウントタイプはLINE CashとLINE Moneyの2種類がある

(特に覚える必要はないのですが)LINE Payアカウントは本人確認ができていないLINE Cashと本人確認済みのLINE Moneyとの2種類があります。

LINE Cash
  • 銀行口座からのチャージができない
  • 出金ができない
  • 友だちに送金ができない
LINE Money
  • 銀行口座のチャージ、出金、友達への送金ができる。
  • チャージ額と決済金額がLINE Cashよりも大幅に緩和される。

自分のアカウントがどちらであるかは、LINE Payの下方にある「設定」→「アカウントタイプ」で確認できますよ。

本人確認をする方法は3つ。

①銀行口座を登録

②スマホでかんたん本人確認

③郵送で本人確認

オンラインでの操作が可能な銀行口座を登録するのが最も簡単です。

口座を登録したくない場合などはスマホで身分証明書(運転免許証など)と本人の顔を撮影することで数分~数日で完了します。スマホでの確認がうまくいかない、十分な書類がないなどは郵送でも行えますよ。

LINE Payにチャージする

LINE Payを利用するには、お金をチャージする必要があります。チャージの方法は5つあります。

①銀行口座からチャージ

チャージ方法としては最も手軽&簡単です。メガバンクから都市銀行まで、現在89の銀行口座を登録することが可能です。登録したい銀行を選択してタップ。

利用規約に「同意します」をタップ。

支店名や口座番号、住所などを入力して「次へ」で進みます。

各銀行のウェブサイトにつながりますので、そこで口座振替の手続きに入ります。オンラインでの操作が可能であれば、IDやパスワード、ワンタイムパスなどですぐに登録できます。

登録が完了すればチャージが可能になります。

銀行口座の登録が完了したら、いつでも必要なときにチャージすることができますよ。1回のチャージは100円~100,000円、100円単位になります。

②セブン銀行ATMからチャージ

セブンイレブンや駅などにあるセブン銀行ATMでのチャージです。こちらのATMではLINE Moneyアカウントであれば出金も可能です。

①LINEアプリ(LINE Payアプリ)内で「チャージ」→「セブン銀行ATM」

②セブン銀行ATMの画面で「スマートフォンでの取引」を選択

③ATM画面に表示されたQRコードを、スマホで読み取り

④スマホ画面に「企業番号」が表示されるので、ATM画面に入力する

⑤その後、現金(LINE Payカードを利用する場合は現金の前にカード挿入)を入金してチャージ完了。1回のチャージは1000円~100,000円or500,000円、1000円単位になります。

③LINE Payカードでのレジチャージ

ローソン(ナチュラルローソン、ローソンストア100)とアインズ(AINZ&TULPE、LIPS and HIPS)のレジで指定した金額を現金にてLINE Payカードにチャージする方法です。これにはLINE Payカードが必要です。

よく利用するコンビニがローソンだという方は、プラスチックカードを発行しておくと便利ですね。カードの発行はLINE Payページ内の下方「設定」→「LINE Payカード」や、画面上部の金額が表示されている場所からも申し込み可能です。

④QRコード/バーコードからチャージ

アインズ(AINZ&TULPE、LIPS and HIPS)のレジでQRコード/バーコードを読み取ってもらい、指定した金額を1円~49,000円までの現金にてチャージする方法です。LINE Payカードは不要ですが、お住まいの地域によっては近くにアインズがないというエリアもありますので注意!

⑤Famiポートからチャージ

ファミリーマートのFamiポートでチャージする方法です。

初めての利用では利用規約に同意をして進めてください。入力画面では姓名・金額(1000円~100,000円or299,000円)

銀行口座を登録するのが最も簡単なチャージ方法ですが、金融機関との紐づけに躊躇する場合は、よく利用するコンビニでチャージ方法を選ぶといいですね。

ローソン利用が多いならLINE Payカードを発行しておきましょう。

現在、クレジットカードによる実店舗でのコード決済は利用できません。ただしオンライン決済に関しては登録したクレジットカードでの決済はできます。

また2020年1月頃からVisa LINE Payカードによる事前チャージなしでの決済が可能になるようですが、すでに申込受付が終了しています。「あ、事前チャージなしのクレジットカード欲しい!」という方は、また募集があるのを期待しましょう。

LINE Payで支払いをする方法

チャージができたらいざお買い物!

支払い画面の呼び出し方は3つあります。

①LINEを起動して「ウォレット」→「コード支払い」

②スマホのホーム画面でLINEアイコンを長押しで「コード支払い」

LINE Payアプリを起動

ご自分のやりやすい方法でQRコード/バーコードを呼び出してください。筆者は②の長押しからの起動をよく使っています。

LINE Payが利用可能な店舗のレジで「LINE Payで」と伝え(画面からわかる店員さんもいますが、地域や店舗によっては伝えたほうが親切)QRコード/バーコードの画面を見せます。

LINEポイントを利用したい場合は、「LINEポイント」をONにすればポイントから優先的に引かれます。

マイカラープログラムとは?

毎月のLINE Payの利用金額に応じて、マイカラーランクによって還元率が決定する仕組みです。

ランクごとの利用金額は

ホワイト:0~9,999円

レッド:10,000~49,999円

ブルー:50,000~99,999円

グリーン:100,000円以上

前月の1日から末日までの利用金額を集計して、翌月1日10時頃に当月のマイカラーが決定します。LINE Payを登録した月はホワイトカラーが適応されますので、登録しただけで0.5%の還元対象になりますよ。自分のランクはLINE Pay画面の「マイカラー」で確認できます。

還元されたインセンティブはLINEポイントで付与されます。

LINE Payでもっとお得になるマイクーポン

「ウォレット」に中に「LINEクーポン」がありますが、それとはまた別にLINE Payの中には「マイクーポン」があります。定期的に配信されていて、LINE Payアカウントと友だちになっておくと取りこぼしも防げます。

また、LINE PayアプリにはLINEアプリ内で配信されていない「おすすめのクーポン」がありますので、お得なクーポンが欲しい方はLINE Payアプリをチェックしましょう。

使い方はLINE Payの画面から「マイクーポン」→利用したいクーポンの「コード支払いで利用」をタップ→「OK」で準備完了。そのままいつものQRコード/バーコードの画面を見せればクーポンが適用されます。クーポン画面を見せる必要がないのはお手軽でいいですね。

LINE Scoreとは?

2019年8月から始まったLINE Scoreですが、LINEを利用していると目にすることもあって気になる方もいらっしゃるのでは?

LINE Scoreとは、ライフスタイルに関する15の質問の回答とLINEサービスの利用状況からAIが100~1,000点のスコアを診断します。そのスコアに応じて、LINE PayでLINE Pocket Moneyでのチャージや、マイカラーのランクがアップします。

LINE Pocket Moneyは簡単に言うと個人向けローンで、スコアによって貸付利率や金額が決定します。

スコアが626~725であればブルーカラー、726~1,000であればグリーンカラーになり、LINE Payの利用金額関係なくマイカラーが適応されます。(※スコアがブルーカラーでも利用額が100,000円以上ならグリーンカラーが適応)

まとめ

LINEアカウントさえあれば誰でも利用できるLINE Pay。利用しているサービス(携帯電話会社・クレジットカード・コンビニなど)に特に縛られることなく、誰でも使いやすいコード決済サービスだと言えます。利用店舗が多いのもいいですね。

LINEでつながっている友だちであれば送金なども簡単なので、飲み会などの徴収も現金でのやり取りは必要なくなります。やはり利用者の多いLINEならではですね。

「どのコード決済にすればいいかな?」と迷う人は、まずはLINE Payから初めてみるのはいかがでしょうか?

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事