Twitterで2段階認証を設定する方法 SMS(電話番号)は不要ですよ

投稿日:

by Amamin

Twitterは2段階認証の為に設定した携帯電話の番号を広告に利用していたことが判明しました。

それにより携帯電話の番号無しで二段階認証ができるようになったのでその方法を紹介します。

※アプリで普通にやろうとすると失敗するので注意が必要ですよ。

2段階認証はWEBで行うのがベスト

Twitterの二段階認証の設定はアプリではなくWEBのTwitterで行いましょう。

なぜならアプリ側はまだ携帯電話の番号無しでは二段階認証ができないからです。

PC等で行う場合

一番楽なのはPCのWEBで二段階認証を設定する方法です。

  1. もっと見るをタップ
  2. 設定とプライバシー
  3. アカウント
  4. 2要素認証

この順にタップしていきます。

最後に「認証アプリ」にチェックをしてください。

QRコードが表示されるので、authenticatorアプリで読み込めばOK。

authenticatorアプリに表示された番号をWEBで入力したら完了です。

スマホのWEBで行う場合

スマホのWEBもほとんど同じです。

以下の順で設定していきます。

  1. 設定とプライバシー
  2. アカウント
  3. 2要素認証
  4. 認証アプリ

 

ここまではPCのWEB版と同じなのですが、authenticatorアプリと接続する際に一手間必要になります。

QRコードはカメラで読み取れないので、「Can’t scan QR code?」をタップして、表示されるコードをコピーします。

authenticatorアプリを起動して「手動で入力」を選び、以下の情報を入力します。

  • アカウント:Twitterのアカウント
  • キー:先ほどコピーしたキー

これでauthenticatorアプリに接続完了です。

最後にauthenticatorアプリに表示された番号をWEBで入力したら完了です。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事