ついにiPhoneの指紋認証復活!?来年モデルにクアルコム製のパーツ搭載か

投稿日:

by メカ村

フラグシップモデルからTouch IDが削除されて久しいiPhone、当時は画面埋め込み型のTouch IDがリリースされると噂になっていましたが、Face IDが登場した事で復活の兆しは無くなってしまいました。

しかし台湾のサプライヤー系列情報筋によると、来年発売されるiPhoneには画面埋め込み型のTouch IDが搭載されるモデルが出る、と噂になっているようです。

色々と不安もある

台湾のディスプレイに関するサプライヤーの情報によると、来年発売されるiPhoneのうち少なくとも1モデル以上に画面埋め込み型のTouch IDが搭載される、と噂になっているようです。

なぜ台湾でこのような情報が出ているのかと言うと、このiPhoneに搭載される画面埋め込み型指紋センサーがApple製ではなくクアルコム製だそうで、クアルコムの比較的新しく建設された台湾の工場から話が漏れている可能性があるからです。

現在画面埋め込み型の指紋認証は超音波式と光学式の2種類なのですが、どうやらクアルコムのセンサーは超音波方式のようで、Face IDと一緒に搭載されるとの情報から一番高額なモデルに搭載されるのでは?と考えられています。

Face IDよりもTouch IDを好むiPhoneユーザーは少なくないですから、1つのiPhoneに2つの生体認証が搭載され好きな方を選べるというのはかなり嬉しい情報ですね。

しかし超音波式の指紋認証搭載には不安の声も多く、その最たる原因は同様に超音波式の指紋認証を搭載したSAMSUNGのGalaxy S10の指紋認証に、構造的欠陥があったとニュースになったからでしょう。

Galaxy S10の超音波指紋認証は画面に液晶保護シールを貼る事でほぼほぼ無効化でき、SAMSUNGや銀行などがこの指紋認証を利用した重要なロック解除を無効化する事態にまでなっています。

この事件は今年10月初旬に判明したものでAppleがこの事実を確認していない訳もなく、もし搭載するとしても画面に液晶保護シールを貼り付けても問題なく動作するよう改良されているでしょう。

自社製以外の生体認証パーツを本当に導入するのかかなり疑問の残る情報なのですが、サプライヤーから上がってきた情報だけに情報の確度は高いようです。

まとめ

筆者も顔認証より指紋認証の方が使い勝手が良い(横になってる時とか)にで、指紋認証が復活するのならかなり嬉しいです。

Apple製ではなくクアルコム製のパーツを使うという事に一抹の不安を覚えますが、皆さんは顔認証と指紋認証だったらどっちを利用しますか?

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:MacRumors

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事