遂にGoogleが最強のゲームシステムStadia発売へ!iPhoneでもiPadでも利用可能

投稿日:

by メカ村

1980年代〜2000年代まで実に多くのゲーム機ハードが生まれては消えて言ったのですが、最近は人気の大手しかハードを出さなくなってきており、スマホの普及もあって新しいゲームハードがリリースされるニュースはほとんどなくなりました。

しかし昨日未明、Googleが「ハードに依存しない次世代のゲームシステム」の発売日を発表し、かなり大きなニュースになっています。

iPhoneでもできる※ただし…

Googleの新規格ゲームサービス「Stadia」と専用コントローラーの発売日を現地時間の11月19日と発表しました。

「Stadia」は「ハードに依存しない次世代のゲームシステム」を実現したシステムであり、ディスプレイとネット環境さえあればどんなハードでもプレイできるクラウドゲームシステムです。

肝心のゲームはGoogleが用意したサーバーで全て処理が行われ、PCやタブレット、スマホやTVはゲーム画面を映すだけであり、専用のコントローラーかキーボード・マウス、既存のコントローラーなどで操作する事ができます。

この仕組みはイチイチゲーム機ハードを開発・発売する必要がなく、またユーザーも物理的なハードを購入する必要が無いため、本当の意味で「ハードに依存しない次世代のゲームシステム」であり、既存のクラウドゲームシステムのどれよりも優れていると言えるでしょう。

ゲームタイトルは日本産で有名なものだけでも「ドラゴンボール ゼノバース2」「Football Manager 2020」「サムライスピリッツ」「ファイナルファンタジーXV」がリリースされるので、リリース時から遊び込む事ができるでしょう。

物理ハードが存在していないので基本的に月額課金になり月額9.99ドル(約1,091円)、ラグが少ないWi-Fi接続専用コントローラーが69ドル(約7,538円)と、思ったよりもリーズナブルなようです。

iPhoneやiPadもディスプレイとして使用できるので、本当にいつでもどこでもコンシューマーゲームがプレイできハードが必要ないこの仕様は、他の多くのゲーム会社にも今後多大な影響を与える事でしょう。

ちなみに日本でのサービス開始はアナウンスされておらず、今のところアメリカとカナダ、ヨーロッパの一部の国だけとなっており…日本ではプレイできるかどうかも定かではありません…。

まとめ

日本在住のゲーマーにとっては悲報以外の何物でもないのですが、ゲーム大国日本はアメリカやGoogleにとっても非常に大きな市場なので、いずれサービスが展開されるとは思います。

ちなみに、Googleの「Stadia」ストアサイトには販売国言語のページでしかアクセスできないので、日本語を選択したままだとリダイレクトでGoogleストアトップページに飛ばされてしまうのでご注意ください。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:The VERGE

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事