2020年の次期iPhoneの試作機とLightning廃止で”穴が無くなる”新情報

投稿日:

by maruuo

iPhone11に関する的確な情報をリークしたBen Geskin氏が次期iPhoneに関する情報をツイートしました。

同氏によると2020年リリース予定のiPhoneのプロトタイプをテスト中とのこと。

またLightning廃止の情報も入ってきましたよ。

次期iPhoneのベゼルは変わりそう

FaceIDのプロトタイプは一部のものは狭くなっており、別のモノはベゼル幅に収まるものとなっているようです。

今のところ完全なるベゼルレスになることはないようですね。

5Gには対応する模様

また5Gに関するプロトタイプも同時に作成されており、アンテナラインは既存のプラスチック製ではなく新素材のガラス、セラミック、サファイヤを試用しているとのこと。

Lightning廃止の布石はU1チップだった

驚くべきにAppleは長期的にはLightningの廃止を考えており、その代わりにワイヤレスチャージとUWBによるデータ伝達法を模索しているようです。

※ツイートではUWDと書かれていますが、恐らくUWB(超高帯域無線)のことだと思われます。

つまりTypeCを採用するのではなく、ポートが完全になくなるということでしょう。

UWBと言えば、iPhone11にはU1チップと呼ばれる空間認識の為の機能が備わっています。

このチップを使うことで、Apple製の紛失防止タグが出るのでは?と噂されています。

U1チップを使うことでMacとiPhone、iPhoneとiPhone同士でAirDrop以上に情報の伝達が可能となるのかもしれませんね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone11シリーズをコスパでガチ検証しました。

iPhone11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事