Safariの閲覧データが中国テンセントに送られている【iPhone】

投稿日:

by maruuo

iPhoneのデフォルトのブラウザ、Safariの閲覧データの一部がテンセントに送信されていたことが判明しました。

iPhone内の「Safarirとプライバシーについて」の中に該当の記述があります。

「Webサイトを閲覧する前に、SafariはWebサイトのアドレスから算出された情報をGoogle Safe BrowsingおよびTencent Safe Browsingに送信し、そのWebサイトが不正かどうかを確かめます。これらの閲覧を安全にするサービスのプロバイダはアナタのIPアドレスも記録する場合があります。」

つまり悪意を持った詐欺サイトを未然に防ぐ為にGoogle Safe BrowsingおよびTencent Safe Browsingに情報を伝え、未然に事故を防いでいる訳です。

しかしながらテンセントは中国共産党のつながり深い為、多くの日本人ユーザーは不安を覚えることでしょう。

閲覧データを2社に伝えない為には「詐欺Webサイトの警告」をオフにする必要があります。

その代わり、詐欺サイトのリスクを負うことを覚悟せねばなりません。

Safariの小技記事

Safariのタブを一括で閉じたり自動的に削除する方法【iOS13】

Safariでフルスクリーンショットを撮る方法【iOS13】

Safariの「よく閲覧するサイト」を削除・非表示する方法

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:eclaimthenet.org

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事