iPhone SE2のスペックや価格、発売日をまとめてみたぞ

投稿日:

by yoshimitu

数々のiPhoneのリーク情報を的中させてきたミンチー・クオ氏が「iPhone SE2がリリースされる」という情報を公表しました。

これによりiPhone SE2のリリースが大きく期待できるものになったと言えるでしょう。

今回はiPhone SE2の詳細についてまとめてみました。

デザインはiPhone8と同様の可能性

今のところ有力なリーク情報としては日経新聞によるiPhone SE2は4.7インチになるというものです。

iPhone SEの後継機が2020年春に発売と日経が報道

4.7インチはiPhone8のサイズであることから、形状はiPhone8と変わらない可能性が高いでしょう。

iPhone SEはiPhone5sと同じデザインだったこともあり、全く新しいデザインである可能性は低そうです。

スペックは期待できそう

CPU(SoC)

iPhone SEは2016年の3月に発売され、当時最高のSoCであるA9チップを搭載していました。

また2019年にリリースされたiPad miniやiPad AirはiPhone XSと同じA12 Bionicを搭載しています。

つまりiPhone SE2に搭載されるチップはiPhone 11/Proと同じA13 Bionicでしょう。

RAM(メモリ)

3GBのRAMになると予想されています。

ストレージ

ミンチー・クオ氏によると64GBと128GBになるそうですよ。

これらをまとめると廉価版でありながら、処理能力はiPhone XS以上となりそうですね。

価格は4万円台か

iPhone SE2で最も気になるのがお値段ですよね。

iPhone SEは2016年発売当時は16GBで5万2800円、64GBが6万4800円でした。

この価格は現在のiPhone8とほぼ同額です。

そう考えるとAppleは廉価版のiPhoneの価格を5万円台に据え置く狙いがあるとみられ、SE2も同様に5万円だと考えて良いでしょう。

追記:2019/10/14

ミンチー・クオ氏の予測によると、なんとお値段は破格の4万円台になるとのことです。

iPhone SE2は399ドル(約4万3500円)でA13Bionic搭載、ミンチー・クオ氏が述べる

発売日は2020年の春

ミンチー・クオ氏と日経新聞によるiPhone SE2の発売予想日は2020年の第1四半期となっています。つまり来年の1月から3月となります。

iPhone SEも2016年の3月でしたし、これまで廉価版iPadは毎年3月にリリースされてきたことを考えると2020年3月がもっとも濃厚でしょう。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事