日本の売れ筋はiPhone 11 アメリカは11Pro、中国やインドではどうなの?

投稿日:

by maruuo

2020年のiPhoneが本命だと噂されていましたが、iPhone11シリーズは各国で人気があり多くのアナリストの予想である6500万台を上回る7000万台に達するとみられています。

では日本を含む各国ではどの機種が人気なのでしょうか?

日本の売れ筋はiPhone11だが…

BCNランキングによると、日本で最も売れているのはiPhone11で11Pro、Pro Maxと続きます。

ほぼ半数がiPhone11でした。

2013年のiPhone5s,5cの時は廉価版モデルである5cはほとんど売れませんでしたが、今年のiPhoneは廉価版である11の売れ行きが非常に好調だと言えるでしょう。

しかしながら容量別では11Proの256GBがトップとなっています。

アメリカはiPhone11Pro、中国はiPhone11

ミンチークオ氏によると、Appleのオンラインストアの出荷状況から確認したところiPhone11はグリーンとパープル、iPhone11 Proは新色のミッドナイトグリーンが人気とのこと。

そしてアメリカではiPhone11Proで容量別だと256GBが人気です。

また中国ではiPhone11に人気が集中しており、iPhoneXS/XRリリース時と比べるとなんと300%も販売台数が増えているとのことです。

ミンチー・クオ氏、iPhone 11・Proが好調で2019年の販売台数を7,500万台と大幅増を予想

インドではiPhone11

iPhone11シリーズはインドで大きく注目を浴びており、またAmazonでは予約注文から3日で売り切れるほど。

もっとも売れているのがiPhone11です。

規制の関係でAppleは独自のストアをインドでは展開していません。その関係でキャリアの購入補助金や小売店のキャンペーンの成果がインドのiPhoneユーザーに強く刺さったようです。

少なくともインドでは過去最高の売り上げになる見込みだと言われていますよ。

ちなみにカミアプはiPhone11を強く推しています(笑)

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事