【iOS13.1.1の変更点】アップデートしたらどうなった?不具合や新機能をチェック

更新日:

by しんや

iOS13.1.1とiPadOS13.1.1が現地時間の9月27日にリリースされました。

今回のアップデートは目立った変更はありませんが、バグの修正とセキュリティ面での改善がメインとなっているため、iOS/iPadOS 13.1を使用中のユーザーは早めにアップデートした方が良いかもしれません。

追記:2019年11月8日にiOS13.2.2がリリースされました。

【iOS13.2.2の変更点】アップデートしたらどうなる?新機能をチェック

iOS13.1.1の変更点

iOS/iPadOS 13.1がリリースされてからわずか数日で新たなアップデートがリリースされました。

今回のアップデートはiOS/iPadOS 13.1のセキュリティ面を含む不具合の修正が主な目的になっているようです。

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください

https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

今回は不具合の修正がメインか

このアップデートには以下が含まれます:

  • iPhone/iPadがバックアップから復元できない場合がある問題を修正
  • バッテリーの消耗が通常より速い場合がある問題に対処
  • “メール”で、Yahooアカウントを追加するときの安定性を改善
  • Safariで、検索候補をオフにしても有効に戻る場合がある問題に対処
  • “リマインダー”で、同期が遅延する問題に対処
  • 他社製のキーボードAppで発生するセキュリティの問題を修正

まず、バッテリーの消耗が速くなる問題への対処は全ユーザーにとって嬉しいお知らせですね。

他にもリマインダーの同期が遅延する問題についての対処を喜ぶ声もツイッター上では見られました。

そして、キーボードアプリの問題についてはAppleも注意喚起を行なっていた深刻なバグの一つです。

このバグにより、許可されていない場合でもアプリがネットワーク経由でキーボードに様々な機能を追加できる可能性があるとAppleは警告していました。

わずか数日でのアップデートは、Appleがこの問題をいかに深刻に捉えていたかの表れと言えそうです。

逆に考えれば、iOS/iPadOS 13.1をすでに入れているユーザーは早急にアップデートするほうが安心かもしれません。

iOS13の新機能について

iOS13やiOS13.1では多くの機能実装がされましたが、今回は新機能の実装はないようです。

iOS13および13.1の新機能はこちらでまとめたのでチェックしてみてください。

【iOS13の変更点】アップデートしたらどうなった?不具合や新機能をチェック

 

iOS13.1.1のアップデートにかかる時間

今回のアップデートはかなり小規模なものになっています。

すでにiOS13.1をインストールしているユーザーであれば、ダウンロードする容量も100MB前後となっています。

そのため、ネット環境にも依存しますが、ほとんどの場合はアップデートに時間がかからずサクッと終わるでしょう。

筆者の端末で掛かった時間は、ダウンロードからアップデートまで全ての作業を含めて14分です。

iOS13.1.1にした人の声

不具合の声は少ない

ほとんどの方にとっては不具合はなく、普通に使えるようです。

ワイヤレス充電の不具合が直った方もいるようです。

不具合が直らないという声も…

しかしながらiOS13になってからモバイル通信の不調を訴えている方は、今回もダメだったようです。

またラグが気になるという声もあります。

深刻なものも含めバグの修正がメインとなっており、さらにアップデートにもほとんど時間がかからないため、みなさんも隙間時間にサクッとiOS/iPadOS 13.1.1へアップデートしてはいかがでしょうか。

iOS13の新機能に関する記事

iOS13のマップ「Look Around」の使い方|どうやったら使える?

iPhoneのダークモードのオン・オフを切り替える方法【iOS13】

全角スペースになった「空白」キーボードを半角にする方法【iOS13】

iPhoneアプリを削除する方法【iOS13】

Safariのタブを自動的に削除する方法【iOS13】

Safariでフルスクリーンショットを撮る方法【iOS13】

iPhoneのダウンロードマネージャーの使い方【iOS13】

iPhoneの「最適化されたバッテリー充電」って何?

iOS 13の「ジェスチャー」を解説 !コピー、カット、ペースト、取消、元に戻す


関連記事