2020年発売のiPhoneはiPhone 4のデザインを踏襲するらしい

投稿日:

by メカ村

最近はノッチとカメラ部分以外ほとんど外観の変更がなかったiPhoneですが、2020年に発売されるモデルは大幅な変更が行われるかも知れません。

リーク情報の高い的中率を誇るミンチー・クオ氏が2020年発売のiPhoneについて、「iPhone 4と類似のデザインになる」と発表し話題となっています。

懐かしの四角いiPhoneのデザインに

リーク情報でお馴染みのミンチー・クオ氏は先日、2020年に発売される5G対応の新しいiPhoneが「iPhone 4と類似のデザインになる」と発表しました。

これはホームボタンの復活などではなく、iPhone側面外周の金属フレーム形状に言及したもので、今の丸い形状から角張ったスクエアタイプになるとの事。

iPhone 6から金属フレームは丸みを帯びたものになり、握り心地は良くなったものの滑って落としやすくなったなんて言われていたのですが、またスクエアタイプに戻ると聞いて歓喜の声をあげるファンも少なくないようです。

この変更は上記のような手触りや握り心地を考慮した変更ではないようで、どうやら新通信規格である5Gの搭載が関係している模様。

というのも現行の3Gや4G、LTEなどの通信規格に5Gを増設するワケですから、アンテナとなる金属フレームにもかなりの変更が必要となったようで、以前のように金属フレームをアンテナに合わせて切り離して絶縁体で接続し、きっちりと溝を作る必要があるそうです。

おそらくその設計での剛性や機密性などを考慮し、厚めのスクエアフレームを採用する事で全ての問題の解決に臨んだと考えられるワケですね。

溝の部分にはガラスコーティングもされるそうで、現行の素材のままならフレームと前後のパネルでおよそ50%前後の原価上昇、サファイアガラスから強化ガラスに変更すればおよそ30%ほどの原価上昇に抑えられるそうです。

5Gアンテナの追加、フレームとパネルの原価上昇を考えると、2020年のiPhoneはiPhone 11 Pro/11 Pro Max以上に高価になる可能性がありますね…。

まとめ

他にもToF(time-of-flight)センサーの搭載や画面埋込式Touch IDの搭載なども噂されており、2020年のiPhoneフラグシップモデルは今以上に高額になると思うと…ちょっと残念ではありますね。

これらの情報が実現するかは来年の今頃までわかりませんが、デザインの原点回帰のようなこの変更は、往年のiPhoneユーザーやAppleファンにとってかなり嬉しいものとなるのではないでしょうか?

「2020年のiPhone」の記事

本命は来年か?2020年のiPhoneは”デザイン”が大きく変わると著名アナリストが明言

iPhone SEの後継機が2020年春に発売と日経が報道

今年発表のiPhoneは買うべきじゃない?2020年モデルの新機能がリーク

2020年のiPhoneは全3モデルが5G対応!ミンチー・クオ氏がリーク

2020年のiPhoneはiPad Proのように最大120Hzのリフレッシュレートに

「5nmプロセス」の登場で2020年のiPhoneは飛躍的に成長か

ディスプレイ上に”どこでも指紋認証”を搭載したiPhoneが2020年に登場か

ついに遠隔充電できるケースをSpigenが発表!発売は2020年の見通し

【道路交通法】2020年、運転中もスマホが使えるように!※ただし自動運転に限る

ワイヤレス充電が長距離化、室内にいるだけ充電! 総務省が2020年に実用化を目指す

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:iDROPNEWS

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事