Appleの次の生体認証は手のひらの静脈か…正直使いにくそう

投稿日:

by メカ村

これまでに生体認証として指紋、顔の3Dマッピングを採用してきたApple、同社はより強固な生態認証を実用化しようと様々な開発を行っているワケですが、いよいよ迷走しているのかも知れません。

今回Appleが申請した新たな特許は静脈を読み取るものなのですが、画像を見る限りものすごく不便そうなんです…。

Appleの特許画像が静脈を示している

Appleは昨日未明に、生体認証に関する新しいディスプレイ特許「ELECTRONIC DEVICE INCLUDING PALM BIOMETRIC SENSOR LAYER AND RELATED METHODS」を申請しました。

この特許をざっくり説明するなら、画面の発光を利用して手のひらを透かせ、浮き上がった手相と静脈の3Dマッピングを新規格の特殊なディスプレイで読み取って認証する、というものです。

指紋から手のひらに認証範囲が広がり、かつ手相と静脈の3Dマッピングともなれば突破するのは容易ではないのでしょうが、この文章の段階でなんとなく面倒くささが漂ってきますね。

下記は実際に特許に添えられているAppleが提出したイメージなのですが、デバイスが手のひらでしっかり覆われている状態になっており、画面のロック解除のために毎回デバイスを手のひらで覆わなくてはなりません。

ホームボタン触りっぱなしで認識したTouch IDや、画面を見るだけで勝手に開くFace IDと比べればロックの強度こそかなり向上するものの、利便性は失われている気がしますね。

Apple Watchにも同様の仕組みを導入できるようで、特許画像ではApple Watchでの利用を想定したものが掲載されていました。

Appleが生体認証をコレだけに絞った端末を出すとは思えませんが、仮にFace IDとセットになってリリースされたとしても利用率は非常に低い気がします。

果たしてiPhoneやiPad、Apple Watchにはこれほど強固な生態認証は必要なのでしょうか?

まとめ

画面の発光を利用して手相や静脈を読み取るというのはスゴイ技術だとは思うのですが、これができるならむしろ「画面埋め込み型Touch IDを導入しろよ」という声が聞こえてくる気がします。

近未来SF映画のロックされた扉を開くようで面白そうではあるのですが、さすがに持ち歩くデバイスにこの認証方法は大掛かりすぎる気がしますね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:appleinsider

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事