Apple MusicがWEBで使えるように!実際に試してみた【公式β版】

投稿日:

by メカ村

音楽業界はメディアの実売からデジタルに移行し、最近ではスマホの普及もあってストリーミングによる聴き放題サービスが充実していますね。

AppleもストリーミングサービスであるApple Musicを展開しているのですが、なんとAndroidやPCなどのブラウザでも視聴できるWeb版のテストページが公開されているんです。実際に試してみました。

どんな端末でもApple Music

Appleは本日未明、Apple Musicのブラウザ版のテストサイトを公開しました。

このサイトはPCはもちろん、Androidでも使用できるようになっており、Appleのデバイスじゃないと使用できなかったApple Musicの垣根を完全に取り除く大胆な取り組みと言えます。

実際に筆者の方でiPhone・Macbook・Android・Windowsのいずれでも音楽をWebブラウザ版で再生できており、インターネットブラウザを搭載した端末ならほとんどの機器でApple Musicを利用できる状態です。

Apple Musicは今までの状態だと、ユーザーの最大数がAppleが発売しているデバイスを所有しているユーザー数だったのですが、このベータ版が正式にリリスされれば、世界中のどのユーザーがどんな端末を使用していてもApple Musicを利用できるようになります。

ベータ版ながら各国の言語版がすでに用意されており、当然日本語版も表示・利用できるようになっていました。

iPhoneで開くとApple Musicが強制で開くのですが、Apple Musicを削除しておくとWeb版を利用でき、Apple Musicアプリと同様に使用できる事が確認できます。

正式なプレスリリースがまだなのでいつ頃このサービスが稼働するかは不明ですが、Appleが世界中すべてのユーザーにApple Musicを提供したいという考えなのは明らかですね。

このサービスが正式にリリースすれば、ストリーミングミュージック業界の勢力図に何らかの変化が訪れるかも知れません。

まとめ

Appleは「すべてのブラウザで(Apple Musicが)動作するべきだ」と一部メディアの質問に答えているそうで、Webブラウザを持つ端末ならスマホでもPCでもゲーム機でも利用できるようにしたいんでしょうね。

Apple製品を使っていない人にApple Musicが魅力的に見えるかは未知数ですが、Web版を公開するというのはかなり面白い試みだと思いました。

Apple Music(WEB版)

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

参考:9TO5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事