2020年のiPhoneにディスプレイ内蔵型のTouch IDが採用されない可能性浮上

投稿日:

by しんや

Martin Hajek氏のコンセプトイメージ Photo by Computer Bild

iPhone X以降のユーザーの中には、Face IDも便利だけどやっぱりTouch IDも良かったと考える方は少なからずいるのではないでしょうか。

そんな人たちの意見を聞いてか、Appleは2020年発売のiPhoneからTouch IDとFace IDの両方を採用すると噂されてきました。

しかし、残念なことに2020年発売のiPhoneにはディスプレイ内蔵型のTouch IDが採用されない可能性が浮上してきたのです。

ディスプレイに埋め込まれたTouch IDが登場するのは2021年か

iPhone X以降、全てのハイエンドモデルではTouch IDが廃止されFace IDが採用されてきました。

しかしFace IDには「画面を直視しないと作動しない」「マスクをつけていると使えない」など様々なデメリットも存在しました。

これらの問題を解決するために、Appleは2020年に発売されるiPhoneでTouch IDとFace IDの両方を採用するというのが最近もっとも有力視されていた情報です。

ところが、先ほどBloombergが報じた内容によれば、AppleはTouch IDを2020年発売のiPhoneに採用できない可能性があるようです。

理由は、同社がまだ埋め込み型のTouch IDセンサーを大量生産できていないところにあるようです。

埋め込み型Touch IDセンサーのプロジェクトに携わる人によると、サプライヤーたちはすでに埋め込み型Touch IDをiPhoneに統合すること自体には成功しています。

ただし、材料が不足しているのか、生産ラインが整っていないのか、理由は定かではありませんがAppleはそのセンサーの大量生産には成功していないということです。

そのため、2020年に予定されていたその計画はそのまま一年ずれて2021年に採用される見込みが高まったと言われているわけです。

Appleが申請した特許資料より

Appleはすでにディスプレイ内蔵型の指紋認証の特許を取得しており、将来的にiPhoneへ採用されることは間違いなさそうです。

ただし、その登場時期についてはもうしばらくの辛抱が必要かもしれませんね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Bloomberg

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事