Apple Watchが”バンド”で大きく進化する?Appleが新しく取得した3つの特許とは

投稿日:

by しんや

Appleは現地時間の9月3日、Apple Watchのバンドに関する新しい特許を3つ取得しました。

これら3つの特許は、今月の10日に発表されると噂されるApple Watchに採用される可能性があります。

Apple Watchのバンドに関する特許を3つ取得

Appleが取得した特許は「バンドの自動締め付け」、「バンドを使ったユーザー認証」、「小型ディスプレイ内蔵のバンド」の 3つで、全てバンドに関連したものになっています。

バンドの自動締め付け

「バンドの自動締め付け」機能という名前の通り、Apple Watchのバンド締め付けを自動で行なってくれる技術のようですが、単純にバンドをつけるときに調整してくれるだけではないようです。

例えば、ワークアウト時には心拍数を正確に計測するために本体がしっかりと腕に密着するように自動で締め付けが行われ、逆に普段リラックスしているときには窮屈感がなくなるように少し緩めになるように調整されるといった機能が用意されているようです。

他にもApple Watchからバンドの締め付け具合を選択して調整することも可能なようです。

これらの機能は、バンドにモーターを内臓しシグナルを受け取るとそのモーターがバンドの締め付けを調整することで実現するようです。

バンドを使ったユーザー認証

Touch ID、Face IDの二つが生体認証システムとしてAppleの様々な製品に採用されていますが、新しい認証システムは「Wrist ID」と呼ばれるものになるかもしれません。

これはデバイス本体かバンドのリストに生体認証センサー内臓し、皮膚組織のパターンからユーザーの認証を行うシステムです。

皮膚組織のパターン画像を取得し、肌のテクスチャパターンを認識することで個人個人を特定することが可能になるようです。

また、熱センサーと組み合わせれば装着と同時にロック解除が可能になるため、装着のたびに小さな画面で暗証番号を入力する手間から解放されることになりそうです。

小型ディスプレイ内蔵のバンド

最後はディスプレイをつけたApple Watchバンドに関する特許です。

特許の資料によると、バンドのディスプレイに表示されるものは加速度やジャイロセンサーの数値、心拍数や心電図などのヘルスデータ、新しい通知の表示などが想定されているようです。

他にも、ランニング中にはランニングのアイコンが、スイミング中にはスイミングのアイコンが表示されるなどして、現在どのようなアクティビティが追跡されているかを教えてくれるようです。

取得された特許が実際に製品化されるかどうかは未知数ですが、この中から一つでも次のApple Watchに採用されていると次期Apple Watchも魅力的になりそうですね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事