今すぐ確認!Apple Watch Series 2とSeries 3の画面交換プログラム開始

投稿日:

by メカ村

以前より巨大掲示板やSNSで報告されていたApple Watchの画面破損問題、特に強い衝撃などを与えたワケもなく通常利用の範囲内において、多数の画面割れが写真とともに多数挙げられており所有ユーザーから問題視されていました。

Appleはついにこの問題についてそもそも構造的欠陥があった事を認め、一部のApple Watchについて無償の画面交換プログラムを開始しました。

Apple Watchの画面交換プログラムの対象機種

Appleは昨日未明、一部のApple Watchの画面に構造的欠陥がある事を認め、無償の画面交換プログラムを開始し、正規の手続きを踏む事で対象機種の画面を無償交換する事を発表しました。

対象機種は想像よりも広範囲のようで、Appleはいつものシリアル入力式ではなく、下記画像の通り無償交換の対象となる機種を一覧で公開する手法をとりました。

ざっと見た感じApple Watch Series 2とSeries 3がほぼ全て対象に見え、対象機種が非常に多く致命的な欠陥と結果をもたらすという観点から、いつものシリアル入力を省略し対象機種をすべてプログラム対象にしたのでしょうね。

対象になっている機種は「Series 2とSeries 3のアルミニウムモデル全部」となっており、ステンレススチールモデルは大丈夫のようです。

このプログラムの対象になっているApple Watchは、通常利用でも上記画像のように画面のフチの部分に亀裂が生じてしまい、最終的には亀裂が一周して画面がパカっと取れてしまったユーザーも多数確認されています。

現状亀裂が入っていなくても、もしかしたらふとした拍子に亀裂が生じて使用不能に陥ってしまう可能性がありますので、もし所有している読者の方がいましたら今すぐAppleの修理サービスを利用して本プログラムを適用した方が良さそうです。

ちなみに修理対象になるのは機種以外にもサービス期間の制約があり、「小売販売日から3年間または本プログラムの開始日から1年間(いずれか長い方)適用」となっていますので、ご注意ください。

まとめ

ネットでも最初は「使い方が悪い」なんて批判されていましたが、結果的に使用者うんぬんではなく構造的欠陥だったという事が判明したので、すでに有償で修理を依頼した方は払い戻しなども受けられるかも知れませんね。

今の所問題のない方も、いずれ壊れてしまう可能性がありますのでお時間のある時にApple Storeやオンライン問い合わせで無償の画面交換をしておきましょう。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事