スマホの買い換えサイクルは平均33ヶ月…だがiPhoneは18ヶ月、GALAXYは16.5ヶ月という結果に

投稿日:

by maruuo

スマホは機能面でほぼ頭打ちとなり、買い換えサイクルが伸びつつあります。

それによりアメリカでの買い換えサイクルは33ヶ月になったようです。

ですが、iPhoneとGALAXYはちょっと様子が違うようですよ。

長期化するスマホの買い換えサイクル

Strategy Analyticsの調査結果によると、平均的なスマホ買い換えサイクルは33ヶ月でした。

しかし高級価格帯であるAppleとサムスンののスマートフォンはだけは買い換えサイクル非常に短いのです。

iPhoneとGALAXYシリーズは別格

長寿命化が進むスマートフォンの中でiPhoneシリーズとGALAXYシリーズだけは別でそれぞれ18ヶ月、16.5ヶ月と平均的なスマホサイクル33ヶ月を大幅に下回りました。

また同シリーズを購入したユーザーの忠誠心は高く70%以上のユーザーが次も同じ会社のスマートフォンを購入すると答えています。

つまりユーザーの忠誠心の高い高価格帯のスマートフォンほど買い換えサイクルの期間が短いと言えますね。

何を重視してスマートフォンを買うのか

その一方で1000ドル以上のスマートフォンを購入する意欲のあるユーザーはわずか7%しかいません。

そして”すごい機能”を重要視しているユーザーは意外と少なく3分の1程度でした。また5Gに大きな期待をしているユーザーは4分の1とのことです。

まとめ

いずれにせよ1000ドル以上の高価なスマートフォンを買いたい層はわずか7%と少数派です。

また機能面での大きな革新を期待しているユーザーも5Gに期待しているユーザーもさほど多くありません。

スマホ各社にとっては、活路を見いだしにくい展開になりつつありますね…。


関連記事