スマホの電磁波実験の結果で大揉め?訴訟問題に発展する可能性も

投稿日:

by メカ村

先日、アメリカの新聞社がiPhoneの電磁波を実験し結果を公開したとお伝えしましたが、コレが火種となって各所でアレコレ発生しているようです。

Apple側も正式に声明を発表したり、某団体が結果資料を集団訴訟の材料にしようと動き始めたりと、なんだか危険な雰囲気が出始めています。

iPhoneだけでなくスマホ全体を巻き込む問題に

先日シカゴ・トリビューンが発表した「人気スマホの電磁波テスト」は、販売されているにも関わらずアメリカの安全基準を上回る電波がスマホから出されているとする実験結果でした。

特に世界で一番売れたiPhoneであるiPhone 7からは、安全基準値の倍から数倍規模の電磁波が人体に影響を与えていると記されており、多くのiPhoneユーザの関心を集めています。

この問題にAppleは正式声明を発表、シカゴ・トリビューンが実施した電磁波テストについて「iPhoneを評価するのに適切な手順が組まれておらず不正確な数値である」としています。

実際にAppleは連邦通信委員会や各国の安全検査を通過してから販売をしているワケですから、もし仮にシカゴ・トリビューンが発表したテスト結果が正確なものとするならば、各国の試験方法が間違っているか、各社がテスト用に電磁波を弱めたデバイスを用意しているといった話になってきます。

以前の記事で取り立てませんでしたが、実はサムスンのGalaxyシリーズなども同様の実験で安全基準を上回る電波が出ていると述べられており、Samsung Galaxy S8に至っては問題となっているiPhone 7よりも高い数値を記録。

Motorolaも同様の結果を掲載されており、この発表はこれからどんどん業界全体を巻き込み、大きな問題に発展していく可能性が高く、近く連邦通信委員会も独自の調査を行うと発表していますが、数ヶ月以内とかなり大きな期間を設けており慎重になっている様子が伺えます。

またシカゴでも有数の弁護士事務所であるフェガン・スコット事務所では、この件の真偽を独自調査するとFacebook上で表明しており、文面から見るに「スマホ各社が電磁波の脅威をユーザに隠して販売した罪」で各社を集団訴訟する準備も進めているようです。

シカゴ・トリビューンの独自テストの実験結果が正しいのか、各国の安全管理団体が行ったテストが正しいのか、世界各国でかなりの注目を集めています。

まとめ

Appleが言うようにテスト内容自体に問題があればそれで終わりの話ですが、安全管理自体の問題だったりユーザに何らかの情報を隠蔽していた場合は、最近話題のAI音声を人間が解析していた問題より大きくなる可能性があります。

今の所訴訟準備をしているのはフェガン・スコット事務所のみのようですが、これが世界に波及すればスマホ各社は大打撃を受けるような訴訟問題になるのは時間の問題と言えますね。

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

参考:Patently Apple

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事