元Foxconn従業員が新iPhoneの4つのリーク 新色追加しバッテリーの増量、そしてiPhoneは薄くなる

投稿日:

by メカ村

なぜか最近では今年の新作iPhoneの情報ではなく来年の新作iPhoneの情報が飛び交っており、どっちがどっちの情報なのかよくわからなくなってしまう事も多くなってきました。

そんな情報が錯綜する中、元Foxconn従業員を名乗る人物から今年の新iPhoneの新しい情報がリークされたとして、業界で真偽を問う声が多数上がっています。

リークされた4つの新情報

元Foxconn従業員を名乗る人物が先日、中国のQ&A系SNSである知乎(Zhihu・ちこ)に今年発売される新iPhoneの情報を多数リークしたとして話題となっています。

リークされた情報は主に4つあるようなので、順に見てみましょう。

新iPhoneのカラーにダークグリーンとラベンダー

1つめのリークはiPhoneのフラグシップモデル(現状のiPhone XS/XS Max系統)に新色として「ダークグリーン」が、廉価モデル(現状のiPhone XR系統)に新色として「ラベンダー(紫)」が登場するとの事。

iPhoneのシリーズカラー的にはかなり奇抜で攻めた配色ですが、過去にiPhone 5cシリーズをリリースしている過去からも100%あり得ないとは言えないでしょう。

「iPhone」などの刻印が消える

2つめのリークはiPhoneのバックパネルから「iPhone」などの刻印が消え、基本的にリンゴマークしか残らなくなるとの事。

バッテリーの増量

3つめのリークはiPhone XS Maxの後継機のバッテリーが大幅増量するとの事で、現状の3,179mAhから3,969mAhに変更されるそうです。

 

背面ガラスの素材変更とiPhoneの厚さが薄く

4つめのリークは共通する外観の変更で、「背面がマットガラス(すりガラス)に変更」「3D Touchの削除で画面が薄くなる(全体の厚さが減る)」との事で、画面のノッチや各物理ボタンには変更がないそうです。

以上4つの情報がリークされましたが、実際匿名なのでFoxconnの元従業員かも怪しいですし、情報の確度はそこまで高くないとされているようです。

まとめ

匿名のSNSなのでどこまで信じて良いかは未知数ですが、これまでと毛色が違う情報だけに業界ではその真偽を巡ってアレコレ言い合いに発展しているようです。

一部別のリーク元と情報が被っている部分もあるそうで、もしかしたらこれらすべての情報が事実である可能性も0%ではないですよ。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:iDROPNEWS

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事