Apple Card発送開始!受け取った人が続々動画や画像を公開中

投稿日:

by メカ村

ついに申込受付がスタートしたApple Card、Apple発のクレジットカードであることや審査基準が低いといった情報も相まって、申し込みが殺到しているしているそうですね。

ここ数日間でチタン製のカードが届いているユーザーがカードに関する情報をポストしているので、ご紹介いたします。

超シンプルなチタンカード

主にiPhoneのウォレットを利用する事を前提に開発されたApple Card、iPhoneの利便化を進めたいAppleにとって「買い物もAppleのサービスで」というのは非常に魅力的で、他のIT企業では実現できていない強固なエコシステムを構築したと言えるでしょう。

しかし非接触型ICカードリーダーを導入していない店舗も少なくなく、Appleはこうした店舗でもApple Cardの決済が行えるよう、無料のチタン製カードを配布し始めました。

上記動画ではAppleから郵送されたままのApple Cardを開封する様子が収められており、薄手でコンパクトな紙製の梱包材に包まれて発送され、中にはAppleらしいカラーリングの台紙とApple Cardが入っている事が確認できます。

以前から出回っていた情報通り、カードにはユーザー名しか個人情報は刻印されておらず、カード番号やCVV(3~4桁のセキュリティコード)も表示されていないので、一般的なクレジットカードよりも盗まれて悪用される確率はぐっと抑えられています。

動画の方では確認できませんでしたが、どうやらApple Cardは一般的なプラスチック製や金属製のクレジットカードよりも若干厚みがある事がTwitterに投稿された写真で確認できるものの、使用者的には気になるような厚みではないようで財布やカードケースなどに入らない、といった事にはならないでしょう。

キッチンスケールで測ったユーザーによるとApple Cardの重量は14.7g、一般的なプラスチッククレジットカードが12.2g、アメリカン・エキスプレスのプラチナカード(金属製)が18.4gだったそうです。

Apple Cardのアクティベーションをする様子の動画も投稿されており、届いたカードの台紙の指示通りロック解除したiPhoneをカードにかざすだけで自動的に認識・アクティベートしている様子が見られます。

仕様的にはiPhoneに収められたデジタルApple Cardの登録情報を、チタンカードのICチップにデータコピーしてアクティベートしているんでしょうね。

まとめ

実にAppleらしいコンパクトな梱包とシンプルなアクティベート動作、個人情報などがほぼほぼ表記されていないこのチタン製Apple Cardは、噂されていたりリークされていた通りのデザインと機能性を実現している事がわかりました。

早く日本でもサービス開始して欲しいところですが、チタンカードの製造・発送の問題とアメリカのユーザー数や優先地域の事を考えても、日本でのサービス開始は早くて来年になるんでしょうね。

Apple Cardの関連記事

Apple Cardの審査は緩め? スティーブ・ジョブズの遺志を反映しているのかも

Apple Card、アメリカでサービス開始!審査結果は1分、アクティベートはiPhoneを近づけるだけ

Apple Cardの日本展開はほぼ確定!日本で商標登録を申請

脱獄したiPhoneではApple Cardが使えない?カードの規約が公表

Apple Cardの最新情報まとめ どうやって使うの?日本でのリリース日は?

Apple Cardは最近のアイディアではない?2004年にジョブズが提案か

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:MacRumors

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事