今年発表のiPhoneは買うべきじゃない?2020年モデルの新機能がリーク

投稿日:

by メカ村

今年も例年通りであれば9月に発表されるであろう新iPhone、噂ではトリプルカメラを搭載し3D Touchが廃止されるというのがもっぱらの噂ですね。

多くのAppleファンやiPhoneユーザーは新しいiPhoneに期待を寄せるのですが、Appleの新情報でお馴染みのアナリストであるミンチー・クオ氏の公開した新たな情報から、「2019年モデルは買うべきではない」という意見が出始めているようです。

2020年のiPhone情報

Appleのリーク情報などでお馴染みのミンチー・クオ氏は、これまでにも非常に多くの正確な新iPhoneについての情報をリークしており、彼の情報はこの業界だとほぼほぼ間違いない情報だと思われています。

そんな彼は今回、2020年に発売されるiPhoneに搭載される新しい機能についてレポートを公開し、多くのAppleファンやiPhoneユーザーに動揺をもたらしています。

今回彼が公開した情報は下記の通りです。

  • ToFセンサー搭載
  • 画面埋め込み型Touch ID
  • 5G通信

5G通信は以前から噂になっていますが、以前から望まれていた画面埋め込み型Touch ID、そして聞き馴染みのないToF(time-of-flight)センサーに多くのユーザーが注目を集めています。

ToFセンサーとは光を利用して物体との距離を測定する技術を利用したセンサーで、ざっくり言うと「光を飛ばして反射して返ってきた時間から距離を割り出す」装置です。

この説明だと何に使うのかよくわからないですが、現在Face IDに使われ顔の形を3Dモデル化しているTrueDepthカメラ似ている、と言えば分かりやすいかも知れません。

TrueDepthカメラはおよそ20〜45cmの距離でしか使用できませんでしたが、ToFセンサーでは4.5m離れた物体をスキャンする事が可能となっており、例えば現実世界の実物と連動したAR機能への応用などが考えられます。

現状iPhoneにとってAR機能はそこまで目立った機能とは言い難いですが、2020年のiPhoneからは様々なアプリがARをToFセンサーによって実用レベルまで引き上げられる、と考えられているようです。

まとめ

ToFセンサーのAR転用が我々にどのような影響を与えるかまだわかりませんが、それでも待望されていた画面埋め込み型Touch IDの盛り込み、次世代通信規格の搭載は2019年の新iPhoneの価値を下げてしまうのに十分な情報だったと言えるでしょう。

あくまでミンチー・クオ氏の発言なので必ずしも実現するものではありませんが、気になる読者の方も多いのではないでしょうか?

「2020年」の関連記事

2020年のiPhoneは全3モデルが5G対応!ミンチー・クオ氏がリーク

2020年のiPhoneはiPad Proのように最大120Hzのリフレッシュレートに

「5nmプロセス」の登場で2020年のiPhoneは飛躍的に成長か

ディスプレイ上に”どこでも指紋認証”を搭載したiPhoneが2020年に登場か

ついに遠隔充電できるケースをSpigenが発表!発売は2020年の見通し

【道路交通法】2020年、運転中もスマホが使えるように!※ただし自動運転に限る

ワイヤレス充電が長距離化、室内にいるだけ充電! 総務省が2020年に実用化を目指す

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

参考:iDROPNEWS

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事