体温をスマホで調整する時代!?SONYがスマホと連携するハイテクTシャツ公開

投稿日:

by メカ村

スマホが普及し色々なデバイスやサービスがスマホに紐づけられる時代となり、今やスマホでは何でもできてしまうのではないか?という錯覚さえ覚える時代となりましたね。

そんな錯覚を現実にするような新アイテムがSONYから発表され、世界中から注目を集めています。

スマホで体温変更

SONYは7月22日よりクラウドファンディングサイトFirst Flightにて、インナーウェア装着型冷温両対応ウェアラブルデバイス、要は体温調整できるスマホ連携型のアイテムを発表しました。

この商品は「REON POCKET」と名付けられ、スマホと連携する小型スマホくらいのサイズ感で首後部に専用の衣類と一緒に装着でき、体感温度を最大13℃低く、8.3℃高くする事が可能になっています。

乱暴な言い方をすれば首元に小型のエアコンを搭載するイメージで、首元を冷やしたり温めたりする事で体感温度や体温そのものを調整するよう設計されており、それをスマホアプリで制御できるようになっています。

専用のポケットがついた衣類を着る必要はありますが、こんなにコンパクトなデバイスで猛暑や厳寒を快適にできるとしたら、かなり優秀な商品と言えるでしょう。

スマホの操作も手軽な簡単操作のオートモードから、自分の好みに合わせて細かく調整できるマニュアルモード、お気に入りの設定を保存できるマイモードなどが用意されているとの事。

クラウドファンディング自体は開始6日ですでに目標額の6,600万円を達成しておりもう参加する事ができませんが、2020年3月から順次発送となっており、おそらく一般販売もそれから数カ月以内に行われるものと考えられます。

気になるお値段ですが、マニュアルモードのみのライト版デバイスと専用Tシャツのセットで税込12,760円、全てのモードが利用可能な通常版と専用Tシャツのセットで税込16,060円、なかなかの価格設定に。

先駆けはSONYとなりましたが、今後様々な衣料メーカーやハイテク企業がこのような商品を開発・リリースする時代がもうすぐそこまで来ているのかも知れませんね。

まとめ

まるで映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」に登場した未来(すでに舞台の未来である2015年は超えてますが)に登場する衣料みたいで、なんだかワクワクする上に実用性もあって世界中からかなりの注目を集めています。

正直なかなかな価格設定である「REON POCKET」、皆さんは発売されたら購入しますか?

参考:First Flight

関連記事