えぇ!今秋のiPadは全7種類?新たに2種類のiPadがEECのデータベースに登場

投稿日:

by maruuo

現在リリースされているiPadと言えば、iPad Proの12.9インチモデルと11インチモデルの2種類とiPad Air、iPad、iPad miniの全5種類です。

7月上旬にその5種類に対応するiPadOSの端末が5つEEC(ユーラシア経済委員会)のデータベースに登録されました

これで今秋iPadはガラッと刷新されることは予想されていたのですが、それで終わりではありませんでした。

さらに2種類のiPad OS端末がEECのデータベースに登録されたのです。

A2200,A2232

モデル番号はA2200とA2232です。

これで合計7種類のiPadOS端末がEECのデータベースに登録されたことになります。

10.2インチのiPadが既に量産中という噂もありますが、それでも7モデルには届きません。

謎のiPadの存在、とても気になりますね…。

追記

Twitterで「Wi-Fi、cellular版では?」という的確なご指摘を受けました。

確かにその通りですね。そうなると新型iPad10.2インチのWi-Fi、cellular版ということになりそうです。

新型iPadの関連記事

折りたたみiPadが来年発表?既に開発中であると中国メディアが報道

iPadはiPad OSでMacの代わりになる?本気で環境を整えるとこうなる

日本語版iOS13、iPadOS、macOS Catarlinaのページが公開される 見どころをまとめてみた!

Sidecar:iPadをMacのセカンドディスプレイとして使う方法

参考:mysmartprice.com

関連記事