中国で組み立てられているMac Proは関税の対象に 本体価格への影響が懸念される

投稿日:

by しんや

Appleが発売している新型Mac Proの部品の組み立てはアメリカではなく中国で行われていることが6月の末に明らかになっています。

これについてアメリカのトランプ大統領は、現地時間の7月26日にMac Proの部品にかかる対中関税は免除されないと発言しました。

トランプ大統領がMac Proの部品に25%の関税を明言

トランプ大統領は、中国との貿易問題を受け多くの中国製品に対して25%の関税を課していますが、新型のMac Proも中国で組み立てられているため関税の対象となる可能性が浮上していました。

そして、Appleは新型のMac Proに対する課税を免除されるようアメリカ政府に交渉していたことが報じられていました。

しかし、現地時間26日に「中国で製造されたMac Pro部品に対する関税の免除や救済措置をAppleが受けることはない。アメリカでMac Proを作れば関税がない!」と発言しました。

これによりAppleは中国で作られる全てのMac Proに対して25%の関税を支払わなければならないことが確定しました。

ただし、トランプ大統領は部品や製品に対する関税が「深刻な経済的損害」を引き起こすことを企業側が証明できれば、関税を免除する可能性についても言及しており今後この措置が撤回される可能性も残しています。

関税によりAppleの利益が減った場合、Appleは本体の値上げに踏み切る可能性が十分に考えられるため、Mac Pro本体の値上げが懸念されます。

ちなみにAppleの株価の上げ幅はこのツイートの直後に大きく縮小しており、多くの投資家にとってもこのことが懸念材料となっていることが分かります。

トランプ大統領とMacの関連記事

iPhoneをアメリカで作ると価格はどうなる?トランプ大統領の発言を受けて調査した結果

MacのCPUベンチマーク、全モデルを比較してみたぞ

iPadはiPad OSでMacの代わりになる?本気で環境を整えるとこうなる

Sidecar:iPadをMacのセカンドディスプレイとして使う方法

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事