運転中に見ても大丈夫?AppleがAR機能を使ったナビアプリの特許取得

投稿日:

by メカ村

スマホ黎明期からカーナビとして利用されることの多いスマホ、まだカーナビアプリが少なかった時代でも、iPhoneでGoogleマップを表示させながら使用していた事のある人も多いのではないでしょうか?

現状Appleの標準アプリでもカーナビ機能が無くはないのですが、どうやらAppleはより安全に使えるARカーナビ機能を開発中のようです。

運転中に注視しても安全?

昨日Appleは、新たにAR機能を利用したカーナビ機能についての特許を出願しました。

この特許ではGPSやモバイル回線での測位情報とカメラ機能などを利用し、AR表示にて運転指示などを表示を出す事が説明されています。

従来のカーナビアプリは基本的に地図に自分の位置情報と向き情報(主に矢印表示など)で表示され、音声にて次の動作指示が出されるものが大半となっています。

Appleが出願したこの特許の場合、カメラに映し出される現実の世界に大きな矢印などがAR表示される仕組みになっているので、従来の地図表示などとは異なり運転中に注視してしまってもそれほどの危険が生まれないと考えられます。

デバイスをどの位置に固定するかなど細かな決まり事はありそうですが、画面表示が座席から見る景色とほぼ同等でそこにAR表示の矢印などが表示されるのであれば、確かに運転中にパッと見ても大丈夫な気がしなくもないですね。

iPhoneのカメラを利用したAR表示にも少なからずタイムラグがありますから、どこまで信頼できるかはAppleの開発力と努力次第にはなるのでしょうが、今後はこうしたAR表示アプリがどんどん増えるかも知れませんね。

日本の道路交通法では、走行中に画面に指が触れていなくても画面を注視してしまうこと自体が違反行為として認定されているので、今後こうした表示アプリがどのような扱いを受けるのかも注目を集めています。

現状違法行為になってしまうのですが、果たしてAR表示にすれば日本でもこうした表示はOKになるのでしょうか?

まとめ

正直タイムラグ云々については端末のハードウェア性能に依る所も大きいので、AR表示で安全がある程度約束された表示速度というのいうのはハイエンド機種に限られるかも知れません。

現状の道路交通法ではAR表示でも道路交通法違反になると思うのですが、皆さんはこのような表示であれば安全にカーナビとして利用できると思いますか?

運転に関する関連時記事

Googleマップがタクシーの”遠回り運転”を検知しアラートを出すように

自動運転はAppleよりGoogleのWaymoの方が「8万倍」優れている

【道路交通法】2020年、運転中もスマホが使えるように!※ただし自動運転に限る

Apple、自動運転ベンチャー「Drive.ai」を買収

GoogleのWaymo,自動運転タクシーを年内に開始

参考:Patently Apple

関連記事