Apple Watch数千台を破棄、AppleのCOOが初代Apple Watchの裏側を語る

投稿日:

by Amamin

Appleの次期CEOとも噂されるCOOのJeff Williams氏がブルームバーグのインタビューに答えました。

そのインタビューの中でApple Watchに関する大変興味深い話が出てきました。

なんとApple Watchを数千台も破棄したと言うのです。

Apple Watchを数千台を破棄、その理由は?

Williams氏はAppleの最高執行責任者COOとして午前7時前に職場に到着し、夕方遅くまで滞在していることが知られているハイキングおよびサイクリング愛好家です。

彼にとっての最大の試練は初代Apple Watchでした。

最初のモデルが発売される数ヶ月前にApple Watchを試用していた従業員複数名にアレルギー反応が生じたのです。

理由はApple Watchのケースに使用されていたニッケルでした。

その為、Williams氏は製造済みのApple Watch数千台の破棄を指示したそうです。

またApple Watchを振動させる「タプティックエンジン(taptic engine)」によって、Apple Watchを長期使用した時に腐食の恐れがある為、さらに数千台の出荷を止めました。

このような決断によってAppleは顧客満足度を保ち、初期不良率を大幅に下げることができた訳です。

18金の「Apple Watch EDITION」はほとんど売れなかった

その結果、Apple Watchは大いに売れ、発売後数週間で売り切れが続出しました。

しかし「Apple Watch EDITION」だけは別だったようです。

1万7000ドル(約190万円)という高額な「Apple Watch EDITION」はロレックスと同等の扱いとなり、注目を集めましたが売れたのは最初の2週間だけでした。

それ以降はほとんど売れなかったようですよ。

「Apple Watch EDITION」は1年後には生産を停止し、各ショップが格安で販売することになってしまいました。

このような失敗はありますが、Apple Watchはスマートウォッチ市場で売上高の半分以上を占めるほどの大成功を収めています。

Apple Watchの関連記事

新Apple Watchはカメラ搭載?Appleがバンド部分にカメラを搭載する特許取得

watchOS6の新機能「ノイズ」アプリとは?

Apple Watch付きiPhoneがリリースされましたよ!

Apple Watchによって34%も運動量が増える模様

結局Apple Watchは高級腕時計市場を破壊できたのか?

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事