AppleのARグラス開発中止の報道が流れるも著名ハッカーが猛反論

投稿日:

by maruuo

DigiTimesが「AppleはARグラスの開発を中止した」と報道したところ、著名なハッカーが逆に「AppleのARグラス開発の進捗を裏付ける証拠がある。」と反論する事態になってしまいました。

開発中止どころか、ARグラスはiOS13を使ってリリースされるかもしれませんよ。

ARグラス開発中止?iOS13ではARグラスの記述あり

ARグラスはMing-Chi Kuo氏が2020年にリリースすると予想しており、実際AppleはARグラスに関する複数の特許を申請しています。

そのような中ではDigiTimes紙がARグラスの開発の中止を報道した訳です。

しかしその報道に著名なハッカーSteve Troughton-Smith氏が猛反論。

「ARグラス開発の中止は考えにくい。iOS13の中にはARグラス開発を裏付ける膨大な証拠がある。」と述べました。

実際「ARDisplayDevice.framework」という記述がiOS13内にはいくつもあるようです。ARディスプレイデバイスとなるとやはりARグラス以外には考えにくいでしょう。

DigiTimesは台湾のメディアであることから、サプライチェーンから得た情報から「ARグラス開発中止」を報道し、Steve Troughton-Smith氏はiOS13のコンテンツから「ARグラスの開発は進んでいる」と述べた訳です。

サプライチェーンは契約を中止させられただけで、開発スケジュールが明確でなければiOS13の中にARディスプレイに関する記述は無いはずなので、ARグラスの開発は順調に進んでいる、と判断した方が良いのかもしれませんね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事