ウォズニアック氏「Facebookを辞めるべきだ」と語る

投稿日:

by Amamin

ジョブズと共にAppleを創設したスティーブ・ウォズニアック氏はTMZの取材に対して最新のIT機器やFacebookによるプライバシーの侵害を懸念しています。

ウォズニアック氏「Facebookを辞めるべきだ」

同氏は現在のデバイスはあらゆることを聞いているだけでなく、心拍数まで自動的に測定可能であるとしてスマートフォンやスマートウォッチの存在を懸念していると述べました。

「本来はある程度お金を払えば、データを安全に保管して他人に知らせない形であるべきだし、そういう選択肢があれば良い。」と持論を語りました。

またウォズニアック氏はFacebookでの「いいね」は相手にだけ知らせるべきものなのに、結果的に広告主に自分の好みを知らせるきっかけになっていると言っています。

「人によってはプライバシーと引き換えにFacebookを使うことにメリットを感じるのかもしれない。だが、多くの人にとってはFacebookを辞める方法を考えるべきだろう。」と語りました。

一方、FacebookのCEOは…

ではFacebookで最もプライバシー情報に精通しているCEOのマーク・ザッカーバーグ氏はどのように個人情報を守っているのか紹介しましょう。

はい…。MacBookのカメラとマイクにしっかりとシールを貼っています。

そこまでしないと個人情報は守れないのかもしれませんね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事