Amazonで中国セラーの嫌がらせ?「爆発した」報告で販売停止、100万円以上の損害

投稿日:

by yoshimitu

AmazonでTomo Lightを販売する事業者が悪質な嫌がらせにあっているとTwitter上で告発をしています。

その「嫌がらせ」はもはや「営業妨害」と言えるレベルになっています。

度重なる嫌がらせに告発者は限界…

ちなみにTomo Lightとはヘッドライトで、テレビや新聞にも掲載され累計2万9千個売れているベストセラー商品です。

そのTomo Lightの共同経営者である石武丈嗣氏の悲痛なツイートを紹介します。

爆発報告によってAmazonで販売停止

 何者かの「爆発した」という虚偽報告でTomo Lightは一週間のAmazonで販売停止になってしまいます。

被害額は100万円以上。嫌がらせは中国セラーによるものでした。

これ以外にも嫌がらせはあり、他にも200万円の損害が…。

さらに嫌がらせ犯からは脅迫のような連絡も受けています。

もちろん爆発報告は全くのウソで、事故に関する証拠は一切出てきていません。

商品の品質は抜群

肝心のAmazonで出品されている商品自体のレビューはかなり良好なものとなっています。

嫌がらせ問題は民事&刑事訴訟に発展?

この問題が続くと会社の死活問題となってしまいます。遂に動き始める石武氏。

メディアへの増やしたり、弁護士と警察を通じて対応に当たるようです。

この嫌がらせは自宅にカミソリ付きの手紙が届くほどにエスカレートしているとのこと。

Amazonによって販売停止されてしまうと、商品ページがこのようになってしまうようです。

これは焦りますね…。

Amazon側も対応している

商品が販売停止のままでは困る為Amazon側へも連絡をとり、何とかしようとする石武氏。

しかしこのコミュニケーションの時間コストもバカになりません。

まとめ

このような嫌がらせに対して我々にできることはほとんどありません。

ですが、もし読者の方でTomo Lightを購入する機会があったらレビューを書くことで応援してあげてください。

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事