検索汚染されるGoogleマップとその対策

投稿日:

by しんや

皆さんはGoogleマップを使っていますか。

日頃からお世話になっている人もいれば、普段は他の地図アプリを使っている人もいるでしょう。

しかし、もしも出先で近くの食事処をGoogle検索すれば必ずGoogleマップに登録されている「店舗情報」にお世話になることでしょう。

見知らぬ土地で怪しい店に入らないためにも、Googleマップが教えてくれる店舗情報は大変重要ですが、最近はその情報がスパムのような「不適切な」店舗情報によって侵食されつつあるようです。

Googleマップを検索汚染する業者の存在

店側にとって集客する上でWebサイトの設置やGoogleマップでのビジネス情報の正しい登録は重要な要素になっています。

特に最近はスマホも普及したため、Google My Business(Googleマイビジネス)を活用して自店を宣伝することがかなり効果的な手段になっていますが、この事実に目をつけたGoogleマップの最適化を謳う業者が増えてきています。

そして、彼らの一部が行う行為はスパム行為つまりガイドライン違反行為に該当するものになっています。

Googleのガイドラインによると、店舗名に「マーケティング タグライン」を追加することを明確に禁止しています。

つまり、店名に店名以外の情報を入れてはならないと決まっているのです。

しかし、例えば下の写真は「おいしい」と検索した結果ですが、明らかに店名以外のものも含まれています。

また「安い 居酒屋」で検索した場合も同様です。

このような店があると、出先で「”場所名”+おいしい食事処」などと調べると不適切な検索結果が出てくることに繋がるのです。

つまり、Googleでの検索の評価には店名が大きな影響力を持ち、Googleマップで上位表示を行うためには店名によく調べられそうな「おいしい」や「人気」などのキーワードを入れるのが効果的なのです。

そのため、このような店名にキーワードを詰め込むスパムが多く行われてきました。

スパムの店を減らす対策「通報しよう」

こういった悪質なスパムを減らすための一番効率的な作業は通報を行うことです。

しかし、これは英語のページであり、さらに必要な記入事項が多くなっているので一般人にはかなり手間なものになっています。

そこで、より簡単なアプリからも行える「情報の修正」がおすすめです。

例えばこの店は「個室和食」という店名とは関係ない情報を店名に加えています。この場合、概要欄の途中にある「情報の修正を提案」から「名前またはその他の情報を変更」を選択します。

そこで該当する部分を削除し、それを送信しましょう。

これだけの手順(慣れれば30秒くらい)で悪質なスパムを減らすことができるようになります。

通報された企業は、その後も2度、3度とスパムを繰り返した場合、永久に検索エンジンからの高い評価を得られなくなるなどかなり重たいペナルティを受けることになるからです。

通報する側のメリット

もちろん通報する側のメリットはGoogleマップがスッキリするだけではありません。

ローカルガイドとして参加すれば情報の修正によってグーグルからポイントが付与されるようになり、そのポイントに応じて「Googleマップ関連の新機能をいち早く使える」「Googleマップ上で自分の投稿が目立ちやすくなる」など様々なメリットがあります。

ローカルガイドは、Google マップでクチコミを投稿したり、写真を共有したり、質問に回答したり、場所の追加や編集を行ったり、情報を確認したりするユーザーの世界的なコミュニティです。旅行の目的地、レストランやショップ、アウトドア施設やテーマパークなどを選ぶときに、多くのユーザーがローカルガイドのクチコミ情報を参考にしています。

逆に企業側は、Google Mapsの最適化を謳う悪質な業者に引っかからないように注意をする必要があります。

彼らは知ってか知らずか、ガイドライン違反の繰り返しを行う業者が多くいます。それだけでなく彼らが行う「口コミの偽装」や「競合への悪評の偽装」「ステルスマーケティング」なども問題です。

これらの手口をオーナーには伝えず、ある日気がついたらガイドライン違反により削除されるケースもあるため、オーナーはそのような業者に決して依頼しないようにしてください。

まとめ

スパム行為を行うデメリットは年々増加してきており、厳しいガイドラインは一定の抑止力もあるようです。

しかし、残念ながら、このようなGoogle検索を逆手にとったような悪質な業者はしばらく増え続けていくと思われます。

悪質な人たちに地図情報を良いようにされないためにも、もし見かけたら皆さんも積極的に「通報」してきましょう。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事