コロプラ、セールスランキングを操作するため自社資金で850万円課金

投稿日:

by maruuo

6月21日、コロプラによると同社の従業員が『最果てのバベル』の自社の費用を使い、セールスランキングを操作したことを発表しました。

最果てのバベル

この行為は同社の役員を含む従業員2名が行い、850万円を取引先に渡し同アプリへの課金を依頼したとのこと。

過去に同様の取引は確認できなかったものの、この件を重く受け止め第三者を含めた調査委員会を設けるとのことです。

ちなみに上位のアプリは年間で数百億円規模の売り上げをあげているため、850万円ではセールスランキングにほとんど影響を与えることはできません。

そうなると理由は不明なのですが、同社の役員や従業員に少しだけでもランキングを上げなければいけない理由があったのでしょうか…。

関連記事

コロプラが開発するドラゴンクエストウォーク、先行レビューは「微妙」の声が多い 位置ゲーの良さが消えてる等

全ゲームが影響を受けるレベル…コロプラとの裁判で争点となる任天堂の特許内容が判明

2018年、任天堂はスマホアプリで372億円を稼いだ※ポケモンGO抜きで

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事