2020年のiPhoneはさらに巨大化し6.7インチモデルが登場!全モデル有機ELに

投稿日:

by maruuo

ミンチークオ氏によると、Appleは2020年後半に5.4インチと6.7インチのハイエンドモデル、6.1インチのローエンドモデルを発表するとのことです。

いずれのモデルも有機ELを搭載するそうですよ。

2020年、iPhoneのサイズが大きく変わりそう

ハイエンドモデルのiPhone(5.4インチと6.7インチ)には5Gをサポートしますが、ローエンドモデル(6.1インチ)には4Gのままだそうです。

そして最も注目すべきはやはりディスプレイのサイズでしょう。

ハイエンドモデル

6.7インチのモデルはiPhone Xs Max(6.5インチ)よりも0.2インチ大きく、史上最大のiPhoneになります。

現行のiPhone XsとXsMax

その一方で5.4インチになるiPhoneは現状のiPhone Xs(5.8インチ)よりも一回り小さくなります。

小さいiPhoneが欲しいユーザーにとっては嬉しいニュースですね。

ローエンドモデル

大きく変わったハイエンドモデルとは違って6.1インチのiPhoneは現行のiPhoneXRからサイズの変更は特に無さそうです。

iPhone XR

サイズ的には6.7インチと5.4インチの間となるので、安い上に選びやすい気のあるモデルとなりそうですね。

まとめ

もう一度比較してみましょう。

現行のiPhone

  • 5.8インチ
  • 6.1インチ
  • 6.5インチ

2020年のiPhone

  • 5.4インチ
  • 6.1インチ
  • 6.7インチ

現行のiPhoneは6インチを中心とした大体同じ大きさのiPhoneですが、2020年のiPhoneはディスプレイのサイズに大きな差があるようです。

5.4インチ〜6.7インチと幅広いラインナップは老若男女が選びやすいiPhoneのサイズ感を目指しているのかもしれません。

確かに今のiPhoneXs/MAX、XRは手の小さい女性にとっては少し大きいですもんね。

関連記事

次期iPhoneは3D Touchを廃止?サプライヤーが続々とiPhone情報を漏らす

Appleが生産準備を進めているiPhone XEは2020年発売か

iPhone SE2が復活する? 2020年に小さいiPhoneが登場する模様

【道路交通法】2020年、運転中もスマホが使えるように!※ただし自動運転に限る

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:macrumors.com

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事