iOS 13ではマイナンバーをNFCにインストールできるようになるらしい

投稿日:

by メカ村

今年の9月に新しいiPhoneとともに公開される予定のiOS 13、開発者向けベータ版がリリースされている事もあり新機能についての情報がたくさん公開されています。

そんな中、なんと日本でしか使えないiOS13の機能がリリースされると注目を集めたのですが、日本人からしたら「それいる?」と疑問に思うような機能でした。

非接触マイナンバーカード

iOS 13に新たに搭載される日本向けの新機能とは、iPhoneにマイナンバーカードをインストールして非接触型マイナンバーカードとして使える機能のようです。

日本のマイナンバーカードの是非についてはこの際置いておきますが、海外のマイナンバーについてはスマホにインストールできるものもがあり、日本政府もスマホへの導入を推し進めているというワケですね。

iPhoneのNFCにマイナンバーカードがインストールできるようになれば、提示が必要になった時にiPhoneで表示させたり、非接触ICカードリーダーで確認を取ることが可能となります。

いまいち利用シーンが思い浮かばないのですが、例えば確定申告をインターネット上で完結させたい場合、非接触ICカードリーダーとiPhoneでマイナンバーを添付できるようになります(マイナンバーカードでもできますが…)

この情報は日本政府のCIO担当官である楠正憲氏によっても確認されており、まずiOS 13で導入されるのはまず間違いないようです。

登録については今のところ、政府がリリースする専用のアプリにマイナンバーカードをかざして本人確認する事で利用可能となるそうですが、これだけだと他人にスキャンされそうな気がしなくもないですね…。

マイナンバーカードが持つ情報量は免許証などの比ではありませんから、登録や利用には役所での承認など厳重化して欲しい気もしなくもないのですが…それだと利便性が失われるので、アプリでかざすだけにしたのかも知れませんね。

どれだけの人が恩恵に与かれるかは定かではありませんが、iPhoneはついに日本で本人確認書類としても使えるようになりそうです。

まとめ

おそらく興味関心を持たない読者の方が多いとは思いますが、iPhoneに政府が発行する書類を非接触のNFCで利用できるようにする試みというのは、政府とAppleの協議なくしてはあり得なかったでしょうね。

ただ、周りからは「それよりも免許証を」といった声が聞こえてくるような気がしなくもありません。

iOS13の関連記事

【iOS13】ページ全体をフルスクリーンショットを撮る方法 タップ一つで可能に

iOS13 位置情報を追跡するアプリの地図情報が表示されるように

iOS13 位置情報を追跡するアプリの地図情報が表示されるように

iOS13の「最適化されたバッテリー充電」って何?

【iOS13】コントロールセンターでWI-FIとBluetoothの接続先が変更可能になるぞ

【iOS13】モバイルデータ通信時のアプリのダウンロード容量が”無制限”に

iOS13版の音量調整の表示はこう変わる!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:THE VERGE

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事