iOSの英字キーボードは単語によって入力領域を補正している

投稿日:

by maruuo

実はiOSの英字キーボードは押し間違いを自動的に訂正する機能を備えています。

これによってiOSの入力はかなり快適になっているんですよ。

iOSはユーザーの意図を読み取って入力領域を自動補正する

例えば「appl」と入力した後に、キーボードの「w」と「e」の間もしくは「e」と「r」の間をタップしてみてください。

すると「e」がタップされ、「apple」と入力できたはずです。

これは偶然ではなく、何度試しても高い確率で「e」が選択されます。

※もちろん明確に「e」の外をタップすると「e」は入力されない。

つまりiOSが「apple」と入力したいユーザーの意図を読み取り、「e」の入力領域を広くしたという訳です。

もちろん「lile」以外の単語も対応しており、一般的な単語ならほぼ対応しています。例えば「like」の「e」でもそうなりますし、「play」の「y」も優先的に入力しやすくなります。

地味ではあるものの、iOSはユーザーの為に見つかりにくい改善を重ねているようですね。

関連記事

iPhoneの文字入力 16選 |カーソル移動やフリック設定で同じ文字を連続で書く方法

【iPhone】メールアドレスを1秒で入力する方法

フリック入力や3D Touchが特許侵害!?日本人の発明家がAppleを訴える

iPhoneを令和に対応する方法 文字変換やカレンダー等

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事